日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 隆慶一郎 『影武者・徳川家康』 いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も

<<   作成日時 : 2005/03/29 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 4 / コメント 1

画像
徳川家康 全26巻を読破」を拝見、「あぁ、当時読んでおくべきだったな」とくやまれました。

2002年年10月10日

隆慶一郎『影武者徳川家康』
柳生忍群と風魔一族のバトルアクション 理屈抜きの面白さ。


私が小学生のころの戦国時代の英雄といえば豊臣秀吉と真田幸村であった。
身近にころがっていた講談本や漫画によって焼きついた記憶だ。信長ですら秀吉を語るための脇役にしか過ぎず、まして家康は秀吉の努力の成果を掠め取った「タヌキオヤジ」であり悪い人であった。真田幸村はすなわち真田十勇士であり、その家康をさんざん苦しめる一騎当千のコンバットチーム、奇想天外なバトルアクションで少年の血をわかせたものだ。

この図式を一転させたのが今から30年も前になるのか、山岡荘八の『徳川家康』だったのだろう。
吉川英治の『新書太閤記』は読んだが、これには手が出なかった。戦後の混乱期から日本の再出発は、家康を手本にすべしとばかりに、山岡家康は政治家、大企業の経営者の座右の書としてもてはやされた。当時、ホヤホヤ社会人としてはそういう傾向の書は敬遠し、少なくとも楽しい小説とは思えなかったからである。
山岡家康の精神は「元和偃武」にあるのだそうだ。家康の生涯における権謀術数は元和元年大阪夏の陣を最後に太平の世を築くためであったとする歴史観である。

文芸春秋で北上次郎が「平成の時代小説ベスト35」の冒頭に隆慶一郎を紹介していた。読んでみたいと思っていたところである。
『影武者徳川家康』は関が原の戦いで武田忍者の生き残りに暗殺された家康に替わって、影武者であった世良田二郎三郎という「漂泊の自由民」がそのまま、秀忠と15年にわたる暗闘を繰り広げながら、太平の世、民の自由のユートピア実現、結果として「元和偃武」をめざし邁進する破天荒な虚構世界を描いて圧巻である。脇役の魅力的な人物造形に加え、家康の周辺にある史実のエピソードを巧みにちりばめ、大長編ながら飽きることがない。

さらに、これはまちがいなく冒険小説である。秀忠配下の柳生忍群対二郎三郎を信奉する風魔一族との趣向を凝らした壮絶な戦いの場面だけでも充分に読み応えがある。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も」について
「いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も」について 二度も、トラックバックしていただいて、ありがとうございます。 今更ながら自分の書いたのを読み返し、駄文の限りでちょっと 穴に入りたい気分です・・・。 ...続きを見る
yu-iのひとりごと@WebryBlog
2005/03/30 00:16
隆慶一郎
Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 隆慶一郎 &dagger; 名前:隆慶一郎(りゅうけいいちろう) 【blogmap】 生年月日: 出身地: 受賞歴: 公式サイト: 備考: &uarr;目次 &dagger; 隆慶一郎 目次 死ぬことと見つけたり 捨て童子・松平忠輝 影武者 徳川... ...続きを見る
PukiWiki/TrackBack 0...
2005/04/05 23:58
影武者徳川家康
著者: 隆 慶一郎 タイトル: 影武者徳川家康〈上〉 ...続きを見る
つらつら読書雑記
2005/07/01 22:12
徳川まとめさいと
徳川のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 ...続きを見る
徳川厳選サイト一覧
2007/08/06 03:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございます。
自分トコの記事では書きませんでしたが「司馬遼太郎と山田風太郎を足して2で割ったような作品」だと思います。なぜ書かなかったかと云うと、司馬さんも山田さんも3冊くらいしか読んでなくて言い切るのが憚られたからです・・・
DRAGON龍
2005/06/11 19:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
隆慶一郎 『影武者・徳川家康』 いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる