日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 松井今朝子 『吉原手引草』 歌舞伎観劇の楽しみ方で読みましょう

<<   作成日時 : 2007/05/23 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像

演技に工夫を凝らして新しい定九郎像を創造した江戸時代初期の歌舞伎役者、中村仲蔵を描いた『仲蔵狂乱』で記憶に残っておりました。その松井今朝子が新作を発表した。歌舞伎の世界に精通した著者が今回は遊郭の世界だ。『吉原手引草』。手にとらないわけにはいかんでしょう。江戸文化はこの吉原を抜きにしては語れない。それほど人々の生活と密着していて、今でも、映画、芝居、噺などを通じて私たちにもお馴染みの世界でございます。

お馴染みとはいえ吉原という遊郭を構造的に紹介してくれたものにはお目にかかったことがない。ところがこの作品は「これであなたもいっぱしの吉原通だ」といえるほどに手取り足取りで吉原遊びの実践まで教えていただけるのだから実に楽しい。ちょっと様子のいい男が始めての廓遊びでその指南を受けるかのようにいろいろな人からお話を聞く形でストーリーは進みますが、堅物の若旦那が始めて吉原で女遊びをする「明烏」って落語を思い浮かべつつとにかく読んでいてウキウキいたします。

「手引き」 初心者を教え導くこと。手ほどき、またそのための書物などとありますが、文字通り、まさにこのとおりの貴重な手引書でございます。引手茶屋のお内儀がまず郭内の構図、大まかな仕組みを説明してくれます。吉原を構成する人たち、その多様な役割には驚かされますな。見世番、遣手婆、床回し、幇間、芸者、船宿の船頭、指きり屋、女衒。この人たちが吉原の裏表を語ります。客の立場からは、越後の縮問屋、蔵前の札差が語り手になります。花魁と褥を共にするまでのしきたりなど初級編から、水揚げの作法、紋日の金の使い方などの中級より身請けのプロセスなど上級編にいたるまで事細かに案内いただける寸法でしてさらには足抜けの応用編がこの語り草の山場となっています。とにかく吉原で恥をかかずに楽しく遊ぶコツ、花魁にモテル条件、嫌われの典型。欲ボケ色ボケの人生縮図、それだけではなく怖い怖いなれの果て、運命にもてあそばれるものたちの悲劇とここの色模様を簡潔に、しかししみじみとした情感をもってあぶりだしてくれます。

遊女は客に惚れたといい
客は来もせで また来るという。
嘘と嘘との色里で。

はたして遊女に「誠」がございますでしょうか。ここです、この物語のポイントは!
そして
十年に一度、五丁町一と謳われ、全盛を誇っていく葛城。越後の縮問屋への身請け話も決まり、まさに絶頂を極めたそのとき、葛城は神隠しに遭ったように消えてしまった。一体、何が起こったのか。17人の重い口が語りだす、………
と葛城消失の謎が徐々に明らかになってまいります。手引書の「手引」ではないもう一つの意味合い、「力添えをしたり導いたり」の手引がここにあります。なかなか上手いタイトルをつけたものだと感心します。
タイトルだけではありません深いところで幾重にも工夫が見られます。

ところでこの謎解き、ミステリー・サスペンス手法が災いしてか読み終えた時に聞き手である何某のあまりのご都合主義、とくに中心人物の葛城ですが、消失の動機、プロセスの論理性、必然性に食い足りなさを感じる読者がおられるかもしれません。しかし、松井今朝子の意図するところはまったく違うところにあると申し上げていいでしょう。これは歌舞伎そのもの。歌舞伎様式のひとつである「やつし」に他なりません。さように心得てもう一度お読みください。「やつし」役は二重構造の中に生きる人間の苦悩を表現するところで役者としての性根が試されるものです。17人が語る葛城の苦悩の表現振り。なるほどそうであったのかと、そこをじっくりと鑑賞したいと思います。そうすればどこかで大見得を切る葛城の姿が浮かび上がってくる。「カツラギッ!」と大向こうから声がかかるという緊張した歌舞伎観劇の気配にございます。

いやいや本著といい先日読んだ辻原登『円朝芝居噺 夫婦幽霊』といい、斬新な趣向の文芸ミステリー、まさに有卦入り年でありますな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「吉原手引草」 松井今朝子
なぜ、吉原一を誇った花魁葛城は、忽然と姿を消したのか?遣手、幇間、楼主、女衒、お大尽―吉原に生きる魑魅魍魎の口から語られる、廓の表と裏。やがて隠されていた真実が、葛城の決意と悲しみが、徐々に明らかになっていく…。誰の言葉が真実なのか。失踪事件の謎を追い... ...続きを見る
きたあかり カフェ
2008/01/12 00:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
よっちゃんさん、こんにちは。
これ読みました。江戸文化に疎い私にとっては、吉原の仕組みだったり、ルールだったりが、話の流れになんの不自然さもなく基礎知識として盛り込まれていて、そこが読んでいておもしろかったです。
ただ、オチは、いかにも日本人が好きそうなアレでしたけど・・。
さっと
2007/08/22 13:00
さっとさんへ
松井今朝子は歌舞伎の研究家なんですね。あのオチはまさに歌舞伎の世界だと理解すれば不自然さもよさとして消化できるでしょう。
よっちゃん
2007/08/22 17:54
こんばんは。拙ブログへのTBありがとうございます。
歌舞伎の世界ですか・・・。
何か歌舞伎の世界を理解できる、ドラえもんが出してくれるような便利な一冊があれば紹介してください(笑)
さっと
2007/08/22 19:12
お恥ずかしい。人におすすめできるまでのセンスではありません。
よっちゃん
2007/08/22 22:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
松井今朝子 『吉原手引草』 歌舞伎観劇の楽しみ方で読みましょう 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる