日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 上野 国立科学博物館とフーコーの振り子

<<   作成日時 : 2007/08/30 13:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

画像


9月24日まで「インカ マヤ アステカ展」が開催されている。スペインの侵略により滅亡したこの文明の悲劇が胸を打つ。

それはそれとして私にはもうひとつの目的があった。フーコーの振子を観察することである。
画像


ウンベルト・エーコ 『フーコーの振り子』1993年この本を買った。直ぐに読んだ。ところが………。

『フーコーの振子』の冒頭。
私が『振り子』を見たのはあの時だった。
教会の丸天井から吊るした一本の長い糸の先端に取りつけられ、その球体は等時性を厳守しながら、ゆったりと弧を描いて揺れていた。
………………………
地球は回転していても、糸を結びつけたその場所は、宇宙に固定された唯一の点なのである。
ということは、私の視線は地球に向けられているのではなく、絶対的な不動の神秘が挙行されている天上の彼方に向けられていることになる。
<<<<<<<<

僕はこの文章にとらわれて小説をこれ以上先に読み進めなくなった。この小説そのものが難解なのであるがとにかく冒頭の『振り子』が理解できそうでいて結局、神秘なままでイライラし、小説を読了するまで何度も何度もここのくだりに戻ってしまった。

だから、どうしてもフーコーの振り子の現物、それは上野の科学博物館にあったはずだ、僕は中学生のときに何度か見たことがあった。今でもあるならばぜひ見てみたいと思った。

小説を読み終えたのが2004年11月だった。

ということで8月8日猛暑をおして上野に行った。

アルバム「国立博物館 フーコーの振子」



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スペイン科学博物館
スペイン科学博物館 ...続きを見る
ネタ画像道
2007/10/31 11:45
国立科学博物館 本館
デザインを一新し、参考書籍「フーコーの振り子」を追記しました。 ...続きを見る
ぱふぅ家のホームページ
2008/02/16 08:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
上野 国立科学博物館とフーコーの振り子 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる