日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 船戸与一 『満州国演義2 事変の夜』 「本格歴史小説」の名著である。

<<   作成日時 : 2008/03/12 17:07   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昭和5年1月、浜口雄幸内閣が金解禁を実施したことにより日本は世界大恐慌の直撃を受ける。農民、都市労働者の窮乏、深刻化する国民生活。4月に締結したロンドン軍縮条約を政友会の犬養毅、鳩山一郎が統帥権干犯として議会で追求。軍部は将来の国家総力戦準備として、満州の鉄、石炭などの資源獲得を緊要とするとともに、最大の仮想敵国であるソ連との戦争に備えるために南満州の確保を必須とした。さらに朝鮮統治の安定、大恐慌下の社会的不安の鎮静や人口問題の解決などのためにも、満蒙問題の解決が必要であると高唱されるようになった。
満蒙領有化か五族協和か、温度差はあれ、日本中に大陸侵攻を必然とする熱気が沸騰していた。だれが流れを作ったのか、関東軍の暴走か、それはあるだろう。が、それだけではないことも事実であろう。軍部も、政府、経済界、学者、思想家、宗教家そして一般庶民、あらゆる階層が昭和狂気の激流に飲み込まれていくようだ。

船戸はこの流れを「やむをえなかった」とする立場をとるものではない。逆に「間違いだった」と直接の論評はしない。冷静に小説家として、昭和狂気の実相に鋭いメスをいれていく。
『満州国演義2 事変の夜』、著者は昭和5〜6年の二年間を400頁のボリュームでもって詳細にかつ多様な素材を駆使して描き出している。そのディテールは確たるものがある。著者がこの作品へいかに力を入れているかがうかがい知れる。「軍部の暴走をめぐり対立する太郎と次郎」「流されるままに謀略馬賊として軍に協力することとなった次郎」「自分の罪のために上海に潜伏する四郎」四人の兄弟は立場が違うが共通して良識ある人たちであった。その彼等がこの昭和の激流に押し流される。その悲劇性を徐々に徐々に丹念にそして残酷に描写していく筆の冴えが素晴らしい。

「後記」で著者がこんなことを述べている。
「筆者は昭和19年の生まれで飢餓体験はあっても戦争の記憶はもちろん中国で九・一八と呼ばれる満州事変前後の事情ともなるともはや遙かなる過去でしかない。したがって執筆にあたってはすべて資料に頼った。小説は歴史の奴隷ではないが、歴史もまた小説の玩具ではない。これが本稿執筆の筆者の基本姿勢であり、小説のダイナミズムを求めるために歴史的事実を無視したり歪めたりしたことは避けて来たつもりである。」

同じ年代の私としてはあらためて昭和史を勉強している気分になる。思えば昭和史理解なんて学生時代に読んだ松本清張の『昭和史発掘』ぐらいのものだ。そして小説のダイナミズムを充分に楽しみながら読んでいる。いつの時代でも、現代のおいても同質の危険な熱狂というものがありうるのだと思いながら………。

まさしく本著は「本格歴史小説」の名著である。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
満州領有といえば、関東軍の暴走というイメージをもっていました。確かに、一面には彼らの緻密に計算された謀略があったとはいえ(その一つ一つの手に、ゾクっとしました)、そう簡単に事が運ぶほど簡単な情勢ではなかったのですね。中国内部でもいろいろあったようですし。とにかく、複雑!
金で動くか、思想で動くか、国で動くか。2巻も楽しめました。
さっと
2009/04/05 19:04
たしかに「関東軍の暴走」というのが強いイメージとしてあるのですが、それだけではない、だれの責任とかうかつにはいえない、全体が狂気の暴走、そういう曖昧さの中で起こる、そんなこと自体が恐怖そのものです。
よっちゃん
2009/04/05 22:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
船戸与一 『満州国演義2 事変の夜』 「本格歴史小説」の名著である。 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる