日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 和田竜 『のぼうの城』 埼玉県行田市が仕掛けたか?これぞ町おこしの隠し玉

<<   作成日時 : 2008/06/25 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
埼玉県に住んでいながら、この物語の舞台となった忍城(おしじょう)と城主であった成田一族についてはほとんど知らなかった。戦国時代を描いた数々の歴史小説でもこれを取り上げたものはあまりないのかもしれないと興味津々として読み始めた。それにしても「忍城」といい別名「浮き城」といい、城攻めが難しい秘密の仕掛けを用意した忍者屋敷のようで、いかにも冒険とロマンにあふれている。この作品はまさにその雰囲気そのままに波乱万丈であった。

埼玉県行田市(ぎょうだし)の観光協会ホームページはこう案内している。
関東七名城の一つとされる忍城は、室町時代の文明年間に築城されました。時は戦国時代の終わり、豊臣秀吉の関東平定に際して、石田三成らによる水攻めにも果敢に耐えたことから「浮き城」の別名が生まれたと伝えられています。現在の忍城御三階櫓は、明治6年に取り壊されたものを再建したもので、最上階からは市内の景色が一望できます。昭和63年に開館した郷土博物館は、かつての忍城本丸跡地にあり、………。

またここの郷土資料館のホームページでは
戦国時代、行田周辺の武蔵武士の中から、現在の熊谷市上之を本拠地とする成田氏が台頭し、忍城を築城しました。文明11年(1479)の古河公方足利成氏の書状に「忍城」、「成田」とでてくることから、このころには築城されていたと考えられます。当時の城主は成田顕泰といい、以後親泰、長泰、氏長と四代にわたり、天正18年(1590)まで、約百年のあいだ成田氏が忍城主でした。

そしてこの作品のあらすじは
時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。総大将・成田長親は領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった。この城、敵に回したが、間違いか。石田三成二万の軍勢に、たった二千で立ち向かった男がいた。

文芸作品としての歴史小説は史実の重みの中で現代に通じる人間の喜怒哀楽を描いているところに魅力があって、しかも漢字の持つ豊かな表現力でその魅力を倍増させている作品が多い。この作品はそうではない。エンタメ系の平易な文体で史実重視というよりは著者の豊かな創造力が生んだ痛快時代小説に近い楽しさがある。領民から「のぼう様」と親しまれているこの主人公・成田長親の人物像はおそらく著者が独自に味付けしたものであろう。本当かしら?と思われるほど知恵も力もない飛びぬけた「でくのぼう」では、この戦で男を上げようとしている石田三成の軍勢を前にひとたまりもないはずである。だから読み手としてはどうなるんだろうどうなるんだろうと心配しつつ読み進むことになる。彼を取り巻く武者たちは関東武士の根性を見せてやれとばかりに血気盛んな男たちでウイットとユーモアがあり、単純な奴が多い。その戦闘シーンは昔読んだ真田十勇士の奇想天外な防衛戦を髣髴させ、ワクワクさせられる。中央政権に歯向かう地方小藩であり、この図式は先日読んだ火坂雅志『臥龍の天』と同じだ。
なるほど、地方分権、これからは地方の時代といわれながら実際は取り残されていく地方。これが現代の非情な政治力学であるから、このウップンを読書で晴らそうとすることはおおいに結構なことだ。それに民を治めるということは民とともに生きるということだと、最近では為政者もまったく口にしない政治の要諦を抜け抜けと感動的に料理したこの作品、絵空事だけどすっきりした気持ちにさせてくれます。

近々行田市の郷土博物館に行ってみよう。これは行田市の町おこしに一役も二役もかっているベストセラーである。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和田竜 『のぼうの城』 埼玉県行田市が仕掛けたか?これぞ町おこしの隠し玉 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる