日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 北茨城の秋 (笠間稲荷 西山荘 竜神峡 花貫渓谷)

<<   作成日時 : 2008/11/24 18:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

江戸崎小学校の同期生と11月15日16日と北茨城の紅葉狩りを楽しみました。笠間稲荷の菊祭り、西山荘、御岩神社、竜神峡、花貫渓谷。時折小雨がぱらついてきましたが、それぞれの風景に深まる秋の情趣を堪能することができました。

詳細は「アルバム 江戸崎の風景と北茨城の秋」ご覧ください。



笠間稲荷の菊祭り
笠間稲荷神社ホームページより笠間稲荷神社のご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもつ神様です。日本三大稲荷のひとつである当社の御創建は、社伝によれば第36代孝徳天皇の御代、白雉(はくち)2年(651年)とされ、1350余年の歴史を有する由緒ある神社です。

奈良時代の和銅6年(713年)に、元明天皇の詔によって編纂が命じられました「風土記」のうちの「常陸国風土記」には、「新治の郡より東五十里に笠間の村あり」と記されていますが、その頃には笠間のこの地で「古事記」や「日本書紀」に描かれています宇迦之御魂神への信仰が深く根ざしていたと考えられます。

食物の神、農業の神さまとして崇敬されていました笠間稲荷大神さまは、商工業が盛んになるにつれて殖産興業の神さまとしての信仰も広まり、近世になると農家ばかりでなく商家、町屋、武士、大名にいたるまでご分霊をいただき、屋敷神や家庭神、地域神としてお祀りされるようになりました。

なお、昔からこの地には胡桃の密林があり、そこに稲荷大神さまをお祀りしていたことから、「胡桃下稲荷」(くるみがしたいなり)とも呼ばれています。また第十三代藩主井上正賢公の一族に門三郎という人がいて、利根川流域を中心に多数の人々に功徳を施し、信仰を広めたことから「お稲荷さんの門三郎」との名声を博し、いつしか門が紋にかわり「紋三郎稲荷」とも呼ばれるようになりました。今日では関東はもとより、全国から年間350万余の人々が参拝に訪れています。

日本三大稲荷のひとつか。あとのふたつはどこだろう。年間三百万余りの人々が参拝に訪れるお稲荷さん。

いまは菊の花祭りの最中。
画像



西山荘の紅葉
水戸光圀公が隠居生活を十年間すごしたところがここ西山荘で西山御殿とも呼ばれていました。華美を嫌った光圀は隠居の際に諸方から贈られた調度を持ち込まず、わずかな身の回りの品と修史編纂事業に必要な書物を選んだといわれています。
ガイドの方からなぜこのような場所に暮らしていたかについては、いわば北の守りとして考えられた節があるとのこと。「西山守護」と呼ばれた武士団が常駐していたそうです。
簡素な隠居所と自然をたくみに取り入れた庭園は見ごたえがありました。
ちょうど紅葉が真っ盛り。
画像



御岩神社
ここもまったく知らなかった霊場でした。
常陸の国最古の霊山、神仏を祀る唯一の社
常陸風土記には「賀毘礼の宮」として記されており、古くから信仰の山として崇拝されていた。
画像は仁王門

御岩神社ホームページより
創建の時期は不明ですが、縄文早期の祭祀遺跡の発掘や、日本最古の書の1つ「常陸國風土記」(713年)に「浄らかな山かびれの高峰(御岩山の古称)に天つ神鎮まる」とされる事から、古代より信仰の聖地であった事が窺えます。
中世には山岳信仰とともに神仏混淆の霊場となり、江戸時代に至っては水戸藩初代徳川頼房公により出羽三山を勧請し水戸藩の国峰と位置づけ、藩主代々参拝を常例とする祈願所でありました。
明治維新により神仏分離令が実行され、境内21の神社、寺院を整理統合、大日堂、常念仏堂、百観音堂、大仁王門等が取り払われましたが、仏像の現存、境内の遺跡、祭事内容など、今日でも他の神社、寺院に見られない独自の信仰を伝えております 。
画像





竜神峡の紅葉

秋の 夕日に 照る 山もみじ

濃いも 薄いも 数ある中に

マツを彩る カエデやツタは

山のふもとの すそ模様

夕日に映える天候ではなかったが、小学唱歌のように山全体を彩る、赤、黄、緑の濃淡に思わず大きく深呼吸しました。
画像





花貫渓谷の紅葉
こんなところにも紅葉の名所があったんだ。
高萩市観光協会によると
茨城観光百選第二位入選記念
茨城県が昭和六十三年開催の科学万博つくば'85記念に実施した、県民投票による、茨城観光百選の選定が発表されるや、高萩市観光協会は、市民総参加のもと投票運動を市及び商工会と共に開始し、活発な推進活動を実施。三万市民の協力と高萩の観光を考える懇談会の活躍により「花貫ダムと花貫渓谷」が茨城観光百選第二位に入選したのである。
画像


秋の北茨城 見どころマップ

大きな地図で見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
茨城県の観光ランキング
「観光ランキング【日本】」です。日本各地の観光スポットをランキング形式で紹介しています。観光地に旅行や日帰りで行かれる前の事前計画にご利用ください。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。 ...続きを見る
観光ランキング【日本】
2012/12/27 15:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北茨城の秋 (笠間稲荷 西山荘 竜神峡 花貫渓谷) 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる