日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS フランク・シェッツイング 『深海のYrr(イール)』 人類絶滅の序曲が始まっていた。

<<   作成日時 : 2009/02/24 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
人類滅亡をテーマにした本格ハードSFのようである。が、それだけではない。ショッキングなシーンが連続する大規模パニック映像をみるような興奮と楽しさでいっぱいのエンタテインメントであることに間違いはない。そして進化の頂点に立った人類のおごりに対する警鐘であると本気になって受け止めざるを得ないシリアスな思索が底流にある。陳腐な言い方になってしまうのだが断然「面白くてためになる」。すべての階層世代にお勧めしたい傑作の大長編小説だ。

地球上、いたるところで発生した海洋生物の人類への攻撃。何が深海で起こっているのか。
このために現在の先端科学、先進技術が総動員される。海洋生物学、海洋哺乳類研究、環境保護思想、地球物理学、海流学、地質学、生命科学、音声分析、地球外知的生命探索、数学、記号解読学、分子生物学、微生物研究、遺伝子工学、人工知能、脳神経分析、そして軍事用テクノロジー、さらに進化論から哲学、神学論など。
それが安手のSFにあるようないい加減な知識のひけらかしではない。一本筋の通った見識の集積だと思われる。この重装備された「信憑性」によって読者は深海の謎には実体があるに違いないと確信にいたる。この迫真性があって傑作の折り紙がつけられるのが本格ハードSFなのだろう。

知らなかったことだが、海底にはメタンハイドレートと呼ばれる地層がある。これが地球的規模の大変動をもたらす主役級の働きをするのであるが、物語の中で女子学生がリスクの高いこの地層について
「何かで読んだのですが日本がメタンを採掘しようとしているそうですが」
と日本の資源開発に向けられた貪欲性を皮肉るシーンがある。嘘みたいだが先日目にした日経にこんな記事があった。
清水建設や北海道大学ではロシアの研究機関と共同で、次世代のエネルギー資源として期待されるメタンハイドレートを水底から連続して回収する実験に世界で始めて成功した。(平成21年2月19日)
小説ではまだそこまでの技術はなくて科学者たちが四苦八苦する様が描かれているのだが、
「おいおい、日本、そんなことしていいのかい」
とまさに目の当たりにしたリアリティにただ驚愕するばかりであった。

メキシコ湾流という地球最大の海流がある。これも人類殲滅シナリオでは主役の働きをする。私の飲み友達に雑学の大家である歯医者さんがいる。彼に
「メキシコ湾流というのは最終の北極海でどうなるのか知っているか?」
とこの小説で得た知識をもってたずねた。彼は
「それは北極海で猛烈なエネルギーでもって深海底へ流れ落ちるのだ。海水を海底にむけて落としこむこの強力なポンプの作用によって、むしろ引き上げるように南半球からの流れを作っていると言っていい。」
と、なんでそんなことを知らないのかという嘲笑をくわえて正解を告げるではないか。この作品に紹介されている学説にさらに信憑性が加わった瞬間である。

実はインターネットのグーグルアースを使って、グルグルグルグル地球を手玉にとり、地球規模の惨劇現場をたどって見たが、おかげで楽しさは倍増した。地図といえばメルカトル平面図だけだったから、特に北極圏の地形をしみじみと眺めるのは初めてで、それだけでも大いにためになった作品だ。

どのような衝撃の異常現象、凄惨な殺戮が繰り広げられるか。
装丁帯からかいつまんでみると。
「ノルウェー海で発見された無数の異様な生命体がメタンハイドレート層を掘り続ける」
「カナダ西岸で鯨やオルカの群れが船舶を襲う」
「世界各地で猛毒のクラゲが出現、海難事故が続発」
「フランスではロブスターに潜む病原体が猛威を振るう」
「大規模な海底地滑りが発生、大津波が起きてヨーロッパ北部の都市は壊滅してしまう」
「病原体は奇怪なカニの大群によってアメリカの大都市に運び込まれた」。
上・中・下巻の大作だ。これらは詳細に劇的に視覚的に描かれる。私はこれまでに見たパニック巨編映画のクライマックスを次々に思い浮かべた。
『ジョーズ』『オルカ』『アンドロメダ病原体』『ディープインパクト』『日本沈没』『海底二万マイル』『パラサイト・イヴ』『アビス』『MTB』『ダーク・ピット』『ダイハード』『タイタニック』などなど
語りにのめりこみながら、同時にこれらの映像がフラッシュバックするのだから、その迫力は圧倒的なものがある。小説に対して映像記憶が相乗する効果というものがあるんだと気づいたのだが、とにかく凄い。

やがて明らかにされる深海のYrr(イール)とは!
著者の豊かな独創力に脱帽。これまでのSFのどんなモノとも類似性がない。しかも私の頭ではイメージ化しにくい、想像を絶する、とてつもないモノだった。そして人類はどう対処するのか?世界最高の科学者たちを巨大航空母艦に率いて、アメリカ合衆国が立ち上がる。なお作者はドイツ人である。

カナダ・バンクーバー島に住む生物学者のレオン・アナワクはイヌイットの血を引く。ストーリーは緊張と衝撃、恐怖と興奮の連続なのだが、ただ一節、彼がトラウマを癒すために、極北のイヌイット居住区を訪れるやや長いシーンがある。見渡す限りの氷原なのだがここだけは特に美しく静謐な情景が、しかも幻想的に描かれている。
人間は本来自然の中に溶け込んだ一部分としての存在に過ぎないのだ。
普段はこせこせと世俗の垢にまみれている私にも夜空を眺めて人間存在の矮小さを感じるときがある。
東洋思想で言えば「返本還源」老荘の示す「無為」であろうか。

どこか詩の香りを含んで、物語の最後にまた詠嘆的に語られる作者の思念がある。
永劫の地球史から見れば、人間があらゆる生命体の支配者であり、自然をコントロールできる王でありえるのは一瞬の今でしかないのだ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【books】深海のYrr by フランク・ツェッツィング
年末年始に帰省した際に読破しました。 おかげで他はほとんどなにもしませんでしたが…。 ...続きを見る
icicle sight product...
2010/01/30 23:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フランク・シェッツイング 『深海のYrr(イール)』 人類絶滅の序曲が始まっていた。 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる