日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェフリー・ディーヴァー 『バーニング・ワイヤー』 おなじみリンカーン・ライム 今回の趣向を楽しみに

<<   作成日時 : 2012/12/02 14:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
ジェフリー・ディーヴァーのお家芸だ。
そして本著はリンカーン・ライムシリーズの第9作にあたるそうだ。

ところでわたしはJ・ディーヴァーをどれだけ読んでいただろう?

1999年1月   ボーン.コレクター  ※
2000年3月   静寂の叫び
2000年9月   悪魔の涙
200年10月   コフィン.ダンサー   ※
2001年11月   エンプティー・チェア ※
2003年6月   石の猿         ※
2004年11月   魔術師         ※
2006年6月   クリスマス・プレゼント
2007年12月   ウォッチ・メイカー   ※
2008年11月   スリーピング・ドール
2009年12月   ソウル・コレクター  ※
2011年11月   007白紙委任状
2012年12月  バーニング・ワイヤー ※
(※がライムシリーズ)

こう並べてみると、わたしはジェフリー・ディーヴァーの「ファン」といわれても仕方がないかもしれないが、別に熱心な支持者と言うものではない。頭脳型の凶悪犯罪に対する四股麻痺探偵の痛快マンハントチェイスというミステリーなのだが、いつも冬場にはこれに匹敵するようなハラハラドキドキの面白い作品に出くわしていないだけのことなのだ。
読むほうも惰性で読んでいるし、実は作品もお決まりのストーリー展開であって新鮮味がない。

ただ著者には
「今回は新機軸で驚かされるんじゃぁないか」
と期待を持たせるだけの風格はありますね。

カバー裏のキャッチコピーは詳細でした。
突然の閃光と業火………それが路線バスを襲った。送電システムの異常により電力が一つの変電所に集中、爆発的な放電が発生したのだ。死者一名。これは事故ではなかった。電力網をあやつる犯人は、ニューヨーク市への送電を予告なしに50%削減することを要求する。だがそれはNYに大停電を引き起こし、損害は膨大なものとなると予想された。
FBIと国土安全保障省の要請を受け、科学捜査の天才リンカーン・ライムと仲間たちが捜査に乗り出した。しかし、敵は電気を駆使して罠を仕掛け、容易には尻尾をつかませず、第二の殺戮の自国が容赦なく迫る。
一方ライムはもう一つの大事件を抱えていた。宿敵たる天才犯罪者ウォッチ・メイカーがメキシコで目撃された。カリフォルニア捜査局のキャサリン・ダンスとともにライムはメキシコ捜査当局をサポートし、ウォッチ・メイカー逮捕作戦を進めていたのだ。
ニューヨークを人質にとる犯人を頭脳を駆使して追うリンカーン・ライム。だが彼は絶体絶命の危機が迫っていることを知らない………
さて、わが国をみれば4日の衆院選公示に向け、乱立した政党の政権公約・マニフェストがほぼ出揃った。テレビ討論で沸騰する争点の一つは原発政策だ。エネルギー・環境戦略である。この雰囲気の中であたかも環境保護をテーマにジェフリー・ディヴァーが正義を主張するかのようにみせた、本著の出版はタイミングがいい………。と思いたくなるが、徹底的なエンタテインメントがディヴァーの持ち味である。「再生可能エネルギーへの転換を」などと彼から見れば余計なロマンでありその辺を語ることはない。

登場人物はおなじみアメリア.サックスはじめとするニューヨーク市警の仲間たちと介護士トム。今回はこれに読心術(キクシクスと呼ばれる)の天才・キャサリン・ダンスと筆跡鑑定(文書検査士と呼ばれる)の天才・パーカー・キンケイド………とにかくこのシリーズは鬼才・達人が多い………もでてくるから、かれらが活躍した作品を読んでいると少し得をした気分になれるかもしれない。さらにメキシコのほうでは宿敵・ウォッチ・メーカーの暗躍もある。
なにか大物のスターたちの友情出演からなるオールスターキャストの年末豪華作品といった風情で、ラストもわたしの大好きなドタドタとしたドンデンガエシの連続ワザではなかった。落ち着いたホームドラマのエンディングまがいには、このシリーズもそろそろ一段落かなと思わせる。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
リンカーン・ライム・シリーズはまだまだ終わりません。この5月に第11作「スキン・コレクター」が出ます。ボーン・コレクターに心酔する犯人が刺青ガンで殺しまくる。最後のどんでん返しが五つもあるらしい。楽しみだなあ。
ドーヴァー警部
2014/04/24 15:16
ドーヴァー警部さんコメントありがとうございj増した。まだこのシリーズは続くのですか。ボンコレの復活みたいで面白そうですね。
よっちゃん
2014/04/25 12:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェフリー・ディーヴァー 『バーニング・ワイヤー』 おなじみリンカーン・ライム 今回の趣向を楽しみに 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる