アクセスカウンタ

<<  2015年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ピエール・ルメートル 『その女アレックス』 昨年の話題を独占した海外ミステリーだが
ピエール・ルメートル 『その女アレックス』 昨年の話題を独占した海外ミステリーだが 誘拐されたアレックスは手足を縛られ、前こごみの姿勢のまま身動きの取れない狭い木箱に閉じ込められる。誘拐犯はお前が死ぬのは見たいと言って彼女がネズミに食われて死ぬのを待っている。10日以上もそんな状態が続けば、普通の人間なら気が狂って死んでしまうところだが、アレックスは死を目前に脱走を試みる………。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/26 13:40
新・神田川遡行 12 飯田橋界隈
新・神田川遡行 12 飯田橋界隈 飯田橋を徹底解剖してみようまずはわかりにくい飯田橋交差点です。 神田川逍遥会の第三日に当たります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/18 19:42
新・神田川遡行 11  水道橋・後楽橋・小石川橋
新・神田川遡行 11  水道橋・後楽橋・小石川橋 水道橋 神田川で11番目の橋だ。かつて「吉祥寺橋」と呼ばれている時代があったと言います。現在文京区本駒込にある吉祥寺が、天正19年(1591)から明暦の大火(1657年)で燃えるまでの間、水道橋北詰にあったことによるらしい。中央線に「吉祥寺駅」がありますが、あの一帯に吉祥寺というお寺は今も昔もありません。明暦の大火のあと、元吉祥寺周辺の住民たちが移住しそこを吉祥寺村と名付けたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/13 20:16
新・神田川遡行 10 水道橋懸樋
新・神田川遡行 10 水道橋懸樋 お茶の水橋から水道橋方面に外堀通りを歩く。緩やかな下り坂をお茶の水坂と呼んでいる。道路の右手に案内板があった。 お茶の水坂 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/12 19:41
新・神田川遡行 9 御茶ノ水駅界隈
新・神田川遡行 9 御茶ノ水駅界隈 昌平橋から聖橋へ向かうには神田川(仙台濠)の北側の相生坂を上れば途中右手に昌平坂を見ることができます。また南の淡路坂を通れば聖橋手前の太田姫神社元宮を見逃すことはありません。 さて今日4月13日は神田川逍遥会の遡行二日目でM1さんとNさんはあいにく都合がありましたが、ただNさんは反省会には駆けつけるそうです。予定通り御茶ノ水駅聖橋口に集合しましたがあいにくの雨です。しかもただの雨ではなく本降りなのです。が、誰も中止しようと言わないのがむしろじゅうぶんに生きてきた高齢者の強みなのかもしれません。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/12 11:55
新・神田川遡行 番外編 ・花見三昧 「散策 小石川後楽園・江戸川公園界隈」
新・神田川遡行 番外編 ・花見三昧 「散策 小石川後楽園・江戸川公園界隈」 神田川逍遥会メンバー全員そろってお花見としゃれてみた。縁の深い小石川後楽園と江戸川公園。ズバリ快晴の一日であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/05 23:26
新・神田川遡行 8 東京都水道歴史館、神田明神
新・神田川遡行 8 東京都水道歴史館、神田明神 江戸を知るには神田川を知らなきゃならぬ。神田川を知るにはまずは東京水道歴史館である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/03 18:07
新・神田川遡行 7 万世橋、筋違橋、昌平橋
新・神田川遡行 7 万世橋、筋違橋、昌平橋 万世橋はかつて現在の地にはなく、約150m上流に筋違橋門(すじかい)に付属する筋違橋がありました。この筋違橋と昌平橋、万世橋は架橋の経緯がたいへんややこしくなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/02 10:30

<<  2015年5月のブログ記事  >> 

トップへ

日記風雑読書きなぐり 2015年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる