日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 緋は乱調にあり 権現堂川堤の彼岸花群生

<<   作成日時 : 2015/09/22 01:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
利根川氾濫の歴史は古いが幸手地方に関する史跡に権現堂川がある。利根川と中川の中間に位置する、利根川水系の一級河川(昭和46年指定)だが、  その実態は権現堂調節池である。権現堂川は暴れ河川として恐れられ、宝永元年(1704年)に、はじめて権現堂堤が切れてより、幾度も決壊をしてきました。
今では権現堂といえば春の“桜と菜の花”で有名ですが、最近では、梅雨の季節には紫陽花、初秋には曼珠沙華(彼岸花)なども植えられています。
9月20日ふらりと訪ねてきました。
彼岸花は日高の巾着田になんどか行ったことがありますがここは初めて。
巾着田よりも密度深く植えられています。

画像


画像


画像


アルバムデジブックをご覧ください。




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緋は乱調にあり 権現堂川堤の彼岸花群生 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる