アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「時代小説」のブログ記事

みんなの「時代小説」ブログ

タイトル 日 時
五木寛之 『親鸞 完結編 下』 善いも悪いも脇役が断然魅力ある五木流親鸞物語
五木寛之 『親鸞 完結編 下』 善いも悪いも脇役が断然魅力ある五木流親鸞物語 南都北嶺のカネと権威と暴力、そして鎌倉幕府、さらには朝廷と既存の体制の総力を結集し専修念仏を根絶やしにしようとする覚蓮坊の陰謀。この奸計から親鸞を守ろうと死力を尽くす謎の女・竜夫人。若き日の竜夫人と青年親鸞の深い因縁とは?竜夫人を支える葛山申麻呂の血筋は? そしてついに再登場するサディスト。十悪五虐と自らうそぶき「信仰心などないこんな俺でも浄土へ行けるか」と親鸞を恫喝する究極の邪悪・黒面法師の真の実態とは? 竜夫人が嵯峨野に建立した遵念寺。落慶式に集まる念仏者を一網打尽にする「念仏停止の宣... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 21:18
五木寛之 『親鸞 完結編 上』 親鸞の悩みはさておき脇役が大活躍する痛快時代小説を楽しみましょう
五木寛之 『親鸞 完結編 上』 親鸞の悩みはさておき脇役が大活躍する痛快時代小説を楽しみましょう これまでの仏教は、国を守るもの、朝廷の安泰を祈るものであり、貴族や高家のためのものだった。そして浄土に行けるものはチカラやカネのある者だけだった。ところが法然、親鸞は貧しい人や世間から卑しめられてきた人びとのためにこそ仏教はある、これまで救われない罪深い身だとされていたものにこそ仏の道があると説く。身分や財力にかかわりなく南無阿弥陀仏と他力本願、専修念仏の道を広めた。この教えはやがて下層の人々だけではなく僧、武家、貴族階級まで浸透していった。 まさに既成秩序を破壊する思想であり、集団化するエネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/19 15:20
山田風太郎 『幻燈辻馬車 下』 複雑骨折した元会津士族・干潟干兵衛の心境は?
山田風太郎 『幻燈辻馬車 下』  複雑骨折した元会津士族・干潟干兵衛の心境は?  「危機に陥ったとき、お雛が呼ぶと現れる干兵衛の息子・蔵太郎と妻・お宵の幽霊。2人に助けられながら、干兵衛はいつしか自由党壮士と明治政府の暗闘に巻き込まれていた。お雛と平穏な生活を望みつつも、会津藩士だった頃の自分を自由党壮士の姿に重ねて心揺れ動く干兵衛。そんな中で<赤い盟約書>を巡って事態は急展開する!最後に干兵衛が選び取る運命とは………。 激動する時代の波に翻弄される人々の悲喜を謳い上げた大傑作」 とカバー裏の紹介文にあるが、下巻の主役は自由党過激派の赤井景昭である。 大臣・参議クラス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/11 17:11
山田風太郎 『幻燈辻馬車 上』  かなりの知識レベルが要求される難解な「明治もの」
山田風太郎 『幻燈辻馬車 上』  かなりの知識レベルが要求される難解な「明治もの」 山田風太郎の「明治もの」第二作は「週刊新潮」に1975年(昭和50年)より連載された 本著『幻燈辻馬車』。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/10 14:37
山田風太郎 『警視庁草紙 下』 近代化という陣痛に苦悶する両者対決の行方は?
山田風太郎 『警視庁草紙 下』 近代化という陣痛に苦悶する両者対決の行方は? 東京を騒がせる怪事件の影で、知略によって警視庁を出し抜いてきた元江戸南町奉行の一派。業を煮やした大警視・川路はとうとう直接対決に踏み切る。同じ頃各地では、反政府派の反乱により不穏な空気が漂っていた そんな中についに西郷蜂起す、との報が入る。その裏に隠されていた大からくりとは?そして近代化を巡る争いの帰趨とは………。華やかな明治に潜む闇の中を流浪するものたち。その哀切を描く、山田明治群像劇の一大傑作。 近代化を強引に進める大久保利通・川路利良と近代化に抵抗する元江戸南町奉行一派の対立が上巻では... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/31 16:09
山田風太郎 『警視庁草紙 上』 「明治もの」の傑作を発見した喜び
山田風太郎 『警視庁草紙 上』  「明治もの」の傑作を発見した喜び 山田風太郎といえばなんといっても「忍法帳」である。学生のころ「週刊新潮」に『くノ一忍法帳』や『外道忍法帳』が連載されていた。毎回忍者同士が奇想天外、抱腹絶倒のセックス忍法で死闘を繰り広げるのだ。なんて面白いのだろうと、その後忍法作品はほとんど読んでしまった。 だから水戸天狗党の乱をシリアスに描いた『魔群の通過』を読んだ時には、なんと本格的歴史小説の傑作ではないか!とその才の奥深さに舌を巻いたものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/29 21:34
皆川博子 『海賊女王 下』 同じ海賊女王でもエリザベスと違ってグローニャは孤独ではなかった
皆川博子 『海賊女王 下』 同じ海賊女王でもエリザベスと違ってグローニャは孤独ではなかった 後には全世界の四分の一まで領土を拡張した大英帝国も、エリザベス一世治下のイングランドはまだ三流国だった。植民地を持っていなかった。植民地といえるような地域はせいぜいアイルランドぐらいであった。むしろフランス、スペインに圧倒されていた。エリザベス一世はそのイングランドの国家としての独立を確実にし、近代イギリスの基点を築いた女王といえる。またエリザベス一世はイングランド貴族達の海賊行為を公認し、分け前を徴収していたのだから海賊女王ともいえよう。血にまみれたプロセスを経て王位を継承した女王は狂った... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/06 10:35
皆川博子 『海賊女王 上』 まさに大冒険活劇の大衆小説 皆川氏のこの瑞々しいチャレンジ精神に脱帽
皆川博子 『海賊女王 上』 まさに大冒険活劇の大衆小説 皆川氏のこの瑞々しいチャレンジ精神に脱帽 上下巻で1000ページをこえる長編小説である。 皆川博子氏、86歳とご高齢なのだが、この海洋冒険小説・海賊戦闘小説を文字通り血沸き肉踊るバイオレンス・アクション・サスペンス、まさに大娯楽作品に仕立て、さらに重厚な時代・歴史小説として完成させている………氏の筆力に驚嘆する。久々に出会った「理屈抜きに面白い」大衆小説だ。 『死の泉』の流れにある従来の怪奇幻想ではないし、最近評価の高かった『開かせていただき光栄です』のような上質の本格ミステリーでもない。氏にとって新しいジャンルである。作風としても... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/13 23:51
坂東眞砂子 『瓜子姫の艶文』  瓜子姫とは?おかげ参りとは?伝承・伝習に翻弄される女の生
坂東眞砂子 『瓜子姫の艶文』  瓜子姫とは?おかげ参りとは?伝承・伝習に翻弄される女の生 坂東眞砂子氏は今年1月、出身地である高知県の病院で死去された。55歳、早すぎる他界が惜しまれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/07 19:08
火坂雅志 『軍師の門 下』 一筋縄ではいかぬ官兵衛という人間の解釈
火坂雅志 『軍師の門 下』 一筋縄ではいかぬ官兵衛という人間の解釈 「調略」あるいは「調略する」とは策略をめぐらせて敵を自滅に追い込む頭脳戦のようで、正々堂々の横綱相撲とは正反対の語感がある。しかし、兵力の差がそのまま戦争の勝敗を決めるのであれば歴史に驚きはないし、まして小説としてはできの悪いものになってしまうだろう。 秀吉はもともと調略戦を得意としていたものだが、有岡城から生還した官兵衛を重用することにより着実に天下取りの道を歩めることになった。敵を殲滅する信長の時代は終わり、敵を味方にする秀吉流の統治の時代が始まった。 有岡城から生還した黒田官兵衛は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/04 13:19
火坂雅志 『軍師の門・上』  中国地方攻略の詳細をわたしはあまり知らなかった。
火坂雅志 『軍師の門・上』  中国地方攻略の詳細をわたしはあまり知らなかった。 この3月にサラリーマンを退職して50日が過ぎるが、なにが変わったと言えば、片道2時間の通勤時間がなくなったため本を読む時間がとれなくなったことだ。その分、なにやかやと忙しくなったが……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/09 17:08
木内昇 『櫛挽道守』  幕末、木曽山中の宿場町、櫛職人の家族がそれぞれの思いに生きた感動の足跡
木内昇 『櫛挽道守』  幕末、木曽山中の宿場町、櫛職人の家族がそれぞれの思いに生きた感動の足跡 櫛挽の技の詳細が紹介されるが、口絵を用いた解説はないからはっきりとはイメージできないのだが、初めて知らされた世界だけに興味津々、俄然ひきつけられた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/16 18:00
京極夏彦『書楼弔堂 破曉』  明治という時代の憑き物を落とす傑作の短編集 まさしく著者の新ジャンルだ
京極夏彦『書楼弔堂 破曉』  明治という時代の憑き物を落とす傑作の短編集 まさしく著者の新ジャンルだ わたしは京極夏彦の作品をよく読んでいた。読んだ作品を整理するとこんな具合である。 @ 妖怪変化がもたらすかのような奇怪な事件を「京極堂」こと中禅寺秋彦が「この世には不思議な事など何もないのだよ」と見えを切って合理的に解決する推理小説シリーズ。 『姑獲鳥の夏』(1994年9月)、『魍魎の匣』(1995年1月)、『鉄鼠の檻』(1996年1月)、『絡新婦の理』(1996年11月)、『塗仏の宴 宴の支度』(1998年3月)、『塗仏の宴 宴の始末』(1998年9月)、『陰摩羅鬼の瑕』(2003年8月)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/24 22:39
朝井まかて 『恋歌』 沸騰する幕末、天狗党の乱に巻き込まれた女性の数奇な運命 傑作の時代歴史小説
朝井まかて 『恋歌』 沸騰する幕末、天狗党の乱に巻き込まれた女性の数奇な運命 傑作の時代歴史小説 朝井まかて。初めて手にする作家です。『恋歌』が単なる時代恋愛小説であれば読む気にはならなかったが、茨城生まれとしては水戸天狗党を背景にしているところで興味が湧いた。 尊皇攘夷の純粋理論を実践しようとして、尊皇攘夷の虚構に敗れた水戸の武士たちである。いま放映中の会津『八重の桜』に重なるところもある。ところが水戸の場合は同士討ちで人材が全滅し親類縁者を含め維新の英傑は一人も登場しなかった。『八重の桜』のように明るい展望のドラマにはなりにくい歴史なので、わたしとしては悔しいのだが………。幕末の江... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/16 21:27
葉室麟 『蛍草』 軽快にすすむ娘の仇討、剣あり笑いと涙の恋愛人情噺でもあるのだが………
葉室麟 『蛍草』 軽快にすすむ娘の仇討、剣あり笑いと涙の恋愛人情噺でもあるのだが……… 日経の書評欄で絶賛されていたのが記憶にあって、『蜩の記』以来、久しぶりの葉室麟だった。葉室麟は武士社会のしがらみから抜け切れない人物たちの織りなす文字通り命がけの恋あるいは忍ぶ恋など、峻烈の生き様に宿るぬくもりがじんわりとわたしら年代のものの胸に染み入る………大人の純愛を描いては数少ない名手でもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/16 23:55
木内昇 『ある男』 明治維新とはなんであったのか?近代化の光が映し出す影絵の物語
木内昇 『ある男』 明治維新とはなんであったのか?近代化の光が映し出す影絵の物語 明治維新とはなんであったか?当事者でないわたしらはなんらかの整理をしたうえで、あとづけの答えを出してみるのだが、そこに生きた人たちは整理する余裕などはなかったのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/07 13:51
梶よう子 『ふくろう』 「千代田の刃傷事件」を素材に、武士社会の凄惨なイジメをリアルに描く
梶よう子 『ふくろう』 「千代田の刃傷事件」を素材に、武士社会の凄惨なイジメをリアルに描く 「イジメ」「殿中」「刃傷」「敵討」と揃えば「忠臣蔵」しか思い浮かばないものだから、 江戸時代後期の「千代田の刃傷事件」は全く知らず、このテーマだけでも読んだ価値がありました。 連日、報道されるように、学校でのイジメがあとを絶たない。自殺にまで追い込まれる。陰湿さはエスカレートし、肉体への暴力行為だけではない。無視蔑視、罵詈雑言・誹謗中傷・流言飛語、責任転嫁で精神的にダメージを与えるものが増えている。よってたかって弱いものを痛めつけ、それを楽しんでいるのである。 こんな外道を許せない。文... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 19:08
梶よう子 『一朝の夢』 朝顔に託した男たちの夢とはなんだったのか?安政の大獄をバックに傑作の時代小説
梶よう子 『一朝の夢』 朝顔に託した男たちの夢とはなんだったのか?安政の大獄をバックに傑作の時代小説 いま仕事をしている国立大学の喫煙小屋に集う仲間の一人から借り受けたのがこれである。たまたま、安政の大獄に話が及び、わたしが推薦した時代小説は諸田玲子『奸婦にあらず』であったのだが、彼は梶よう子『一朝の夢』も井伊直弼の通説をひっくり返す作品だと言う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/20 12:25
夢枕獏 『大江戸釣客伝 上下』 若き日の英一蝶、宝井其角が破天荒に遊ぶ元禄の世界
夢枕獏 『大江戸釣客伝 上下』 若き日の英一蝶、宝井其角が破天荒に遊ぶ元禄の世界 夢枕獏といえばいつごろだったろうか、「魔獣狩りシリーズ」をおおいに楽しんで読んでいた時期があった。当時は菊地秀行の「魔界都市シリーズ」も発刊されるたびに読んだ。もうすこし前には平井和正「ウルフガイシリーズ」が面白かった。これらはSF的伝奇的素材を現代に持ち込んでバケモノ的な超能力者同士のバトルアクションに工夫を凝らした小説群で、山田風太郎の「忍法帳シリーズ」の忍法合戦にあった刺激性と似た魅力があった。夢枕獏のその後の作品は読むことはなかったが、ひとつだけ、まるでジャンルをかえた本格山岳小説『... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/15 15:55
諸田玲子 『四十八人目の忠臣』 恋と忠義の狭間で揺れ動く女心
諸田玲子 『四十八人目の忠臣』 恋と忠義の狭間で揺れ動く女心 昨年のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』。NHKらしく、現代という視線からその時代の女性を描いている。いつもながら女性が男どもを右往左往させる豪華絢爛のホームドラマであって、現代女性をそのまま戦国時代にタイムスリップさせたような珍妙さにはしばしば失笑を禁じえなかった。2009年に読んでいた諸田玲子の『美女いくさ』と比べたものだから余計に子供だましのように映ったのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/12 10:17
五木寛之 『親鸞 激動篇』 「鬼神を敬してこれを遠ざく」の親鸞。専修念仏の布教の前に立ちはだかる障壁
五木寛之 『親鸞 激動篇』 「鬼神を敬してこれを遠ざく」の親鸞。専修念仏の布教の前に立ちはだかる障壁 死後の世界など無頓着であり信仰に救済を求めるなどまったく考えられない私ですが、実際には大勢の人が神仏に祈りをこめる向き合い方をしている。科学万能の現代でなお科学者のなかには真理の究極に霊的存在を認める方がおられる。身の回りを見れば、私だって墓参もすれば葬儀もあるという具合に日本人の生活様式に深く組み込まれている。また政治や国家、民族の動向に宗教が強く関わっている。さらに宗教にある熱狂が個人に限らず集団の暴力を生み、民族・国家間の戦争すら引き起こす。 信仰心のないものでも宗教に強い関心を持た... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/06 22:58
葉室麟 『蜩ノ記』 現代に通ずる男の生き様 その美学に陶然とする
葉室麟 『蜩ノ記』 現代に通ずる男の生き様 その美学に陶然とする 遠望すれば春霞の山々に桜の花びらが舞い、近くは谷川のせせらぎ、カワセミの飛翔、清浄な山間の風景に礫をもつ少年が姿を現す。 久々の葉室麟であるが、期待たがわず、この美しい冒頭の情景から引き込まれた。 あと三年の後に切腹を命じられている男の至誠を貫く暮らしぶりを象徴して、幕開けにふさわしく、静穏の中に緊張感が漂っている。 読み終えて窓を向けば朝空は降る雪に煙り、思わず姿勢をただす、清爽の読後感であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 28

2012/01/21 19:35
志水辰夫 『みのたけの春』 冒険小説の第一人者が円熟した筆で語る若者のいきかた
志水辰夫 『みのたけの春』 冒険小説の第一人者が円熟した筆で語る若者のいきかた 志水辰夫といえばハードボイルド・冒険小説界の第一人者だったのだが、このところ時代小説に転じたらしい。ダイナミックなこれまでのイメージとは異なって『みのたけの春』、相当に渋い。この作品を読んだあとで、1936年生まれと知ってびっくりした。私よりも8歳も年上のオジイチャンだったのだ。なるほど、「若者の生き方のひとつ」として、多分にアナクロニズムであるかもしれないのだが、われわれの年代には、微妙にこそばゆい共感を覚えずにはいられない深みがこめられていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/29 19:29
隆慶一郎 『吉原御免状』 第一級の大衆娯楽小説を満喫する
隆慶一郎 『吉原御免状』 第一級の大衆娯楽小説を満喫する 未読のままにあった一時代前の傑作を読むというのはいつもと違う高揚感があるものだ。物語に没頭しながらもあれやこれやと雑念がわいてくるのが楽しいからです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/05 22:57
安部龍太郎 『葉隠物語』 今、武士道が見直されている??? 小説好きの読者向け、葉隠れ入門書
安部龍太郎 『葉隠物語』 今、武士道が見直されている??? 小説好きの読者向け、葉隠れ入門書 「葉隠」については詳しくない。ただ、その語感にはつつましさに潜む熱い思いがある。いつのまにか失ってしまった日本人の美徳を象徴しているようで、引きつけられるところだ。時代小説では葉室麟が描いた『いのちなりけり』にあった葉隠には共感するところが多かった。 ところが一方で、最近評論家の語るあるべき国家論やあるべき日本人論のなかに、よくこの葉隠精神をみかけるのだが、そこにはなんとなく胡散臭いものを感じるのだ。どうやら現代人の立場からは適当につまみ食いができるあいまいな主張の寄せ集めのようで、興... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/20 20:45
木内昇 『漂砂のうたう』 「自由」という虚構に踊らされる人々
木内昇 『漂砂のうたう』 「自由」という虚構に踊らされる人々 漂砂? なじみのない言葉だ。スーパー大辞林によれば「波浪・潮流などによって流動する土砂。また、その移動する現象。河口・港湾などを埋積したり海岸を浸食したりする。」とある。 「漂砂のうたう」? 流れのままに動かされるだけのちっぽけな存在が索漠たる思いを抱えて人生をやり過ごしている………とも思えるが。それだけではなく、ちっぽけな存在であるが、それらがあたかも海岸や河岸を削るように事象のどこかに痕跡を残すのだともとれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/29 09:15
松井今朝子 『吉原十二月』 吉原遊郭案内の上級篇
松井今朝子 『吉原十二月』 吉原遊郭案内の上級篇 これであなたは最高級の花魁になれます。 吉原屈指の妓楼主になれます。 そして超一流のお客になって吉原の奥深さを味わい尽くせるでしょう。 実践しないで本を見るだけの読者にとっては五つ星の業界ガイドブックでございます。容貌(きりょう)も気性もまるきり違うふたりの妓(おんな)。妓楼を二分する激しい嫉妬とつば競り合いの先に女の幸せはあるのか?飾り帯にはこう記されております。 たしかに一月から十二月まで各月ごとの吉原歳時記をバックに、花魁ふたり(小夜衣と胡蝶)の競艶が見ものではありますが、「つ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/02/03 23:31
池宮彰一郎 『四十七人目の浪士』 目下上映中『最後の忠臣蔵』の原作
池宮彰一郎 『四十七人目の浪士』 目下上映中『最後の忠臣蔵』の原作 忠臣蔵ものはやはり寒気の候に楽しむものだろう。 昨年の暮れにも民放テレビで田村正和が大石内蔵助を演じるドラマが放映されていた。特に新解釈の作品ではなく昔ながらの名場面をつなげたもので、特段役者の演技力が優れていたわけではないのだが、どうしても涙をこらえきれないシーンがいくつかあった。 「立花左近との邂逅」内蔵助が江戸下向の途中、身分を隠すために立花左近を名乗った旅籠で立花左近本人と出くわすのだが、内蔵助一行であることを看破、義挙決行と合点して黙ってこの騙りを見逃す。黙契の義侠心に打たれる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/08 15:55
乾緑郎 『忍び外伝』  本格伝奇小説の復活
乾緑郎 『忍び外伝』  本格伝奇小説の復活 飾り帯にこうあった。伊賀の上忍・百地丹波によって一流の忍者に育てられた文吾は、何ゆえ忍びを目指すのか思い悩む。やがて北畠(織田)信雄率いる大軍が伊賀に迫る………「伊賀、百地」に「思い悩む忍者」とあっては、戦後、忍者ブームのはしりとなった村山知義『忍びの者』の再来かと思った。また「信雄率いる大軍が伊賀に迫る」のであれば、和田竜の第二作目、『忍びの城』の焼き直しではないかと勘ぐったりもした。 「朝日時代小説大賞受賞作」という、忍者を描いた「本格時代小説」かと思って手に取ったしだい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/26 16:53
松本清張 『かげろう絵図』 清張初期の長編大衆時代小説 仔細な江戸の描写
松本清張 『かげろう絵図』 清張初期の長編大衆時代小説 仔細な江戸の描写 『かげろう絵図』は昭和33年〜34年に「東京新聞」に連載された清張初期の長編時代小説である。初めて読む作品だが森村誠一『悪道』に物足りなさを感じたところで手に取った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/11 16:44
森村誠一 『悪道』 悪人・柳沢吉保と善人の忍者・流英次郎のマンハントチェイス
森村誠一 『悪道』 悪人・柳沢吉保と善人の忍者・流英次郎のマンハントチェイス 「著者10年ぶりの単行本書き下ろし!」の時代小説 という魅力的なコピーが目に留まった。 77歳とご高齢でありながらその執筆活動の逞しさには感嘆させられる。最近は松尾芭蕉の奥の細道研究に熱心に取り組まれていると聞いている。昭和61年の『忠臣蔵』以降、著者の作品は読んでいなかったことを思い出し、懐かしい思いもあって手に取ったのが本著『悪道』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/20 11:59
沖方丁 『天地明察』 日本人の手による初めての改暦 新機軸満載の傑作歴史小説
沖方丁 『天地明察』 日本人の手による初めての改暦 新機軸満載の傑作歴史小説 しっかりした史実のキャンパス上に、著者の創造力による個性を生き生きと描出するのが傑作といえる歴史小説でしょう。歴史の中でよく知られた人物を取り上げた傑作は数多くありますが、ほとんど知られていない人物にスポットライトをあてる作品もあります。この作品は後者のほうなのではないでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/10 22:13
辻原登 『許されざる者 下』 美しい女性の二つの恋の物語でもある。
辻原登 『許されざる者 下』  美しい女性の二つの恋の物語でもある。 初恋と不倫。この作品は西千春、永野暁子という美しい女性の二つの恋の物語でもある。あらすじだけなら型にはまった恋愛小説といえなくはない。しかしちりばめられた巧みな語りの技法と時代性で濃厚に味付けされた個性の表現は稀に見る一級品である。じっくりと楽しむことができた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 16:28
辻原登 『許されざる者上』 戦争と恋。自由へと許されざる者たちの魂の鼓動を描く大浪漫
辻原登 『許されざる者上』 戦争と恋。自由へと許されざる者たちの魂の鼓動を描く大浪漫 頭山満の日露開戦論に森宮の人々は熱狂した。ドクトル槇の声がひびいた「戦争を扇動するのは悪徳の人で、実際に戦うのは美徳の人である。」場内は凍りついた。玄洋社の集団が腕まくりして槇に詰め寄る。それを地元ヤクザ中駒組の若衆が取り囲む。「おっしゃられたことは正しいとつくづく思いました」彼に恋をする永野夫人の澄み切ってうるおいのある声があった。そして私は自由を求める魂の鼓動とさわやかに共振している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/24 12:18
松井今朝子 『円朝の女』 円朝を愛した女たちのそれぞれのやせ我慢
松井今朝子 『円朝の女』 円朝を愛した女たちのそれぞれのやせ我慢 今の時代「昔はよかったなぁ」としみじみ思いする年代はいくつぐらいの人たちなのだろうか。私なんぞはそれだけの年季には至っていないのだが………。このお話の人たちはみなそれぞれがそんな思いで今を生きている年季の入った人ばかりなんだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/11 16:17
五木寛之 『親鸞』 「善人なほもて往生をとぐ いはんや悪人をや」とはいったいなんなんだ?
五木寛之 『親鸞』 「善人なほもて往生をとぐ いはんや悪人をや」とはいったいなんなんだ? 「とにかく面白い」との宣伝文句に引かれて手に取ったのですが、期待をこえてとにかく面白い作品でした。五木寛之の作品を読むのはこれがはじめて。著者は最近では仏教に関心を深めた著作、紀行活動が盛んなようで抹香くさい小説かなと思っていたものでしたが、スリリングな場面の連続で、終始、伝奇風時代小説を読むような疾走感を味わうことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/29 23:43
葉室麟 『秋月記』 地方小藩のお家騒動に見える現代の混乱
葉室麟 『秋月記』 地方小藩のお家騒動に見える現代の混乱 壮絶な死闘が繰り返されるエンタテインメントであるが、どうしても政治家たるものかくあるべしと現代に重ね合わせることになる、時代小説の傑作だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/20 00:03
宮本昌孝 『海王 下』 これはまさしく大衆小説の傑作だ。
宮本昌孝 『海王 下』 これはまさしく大衆小説の傑作だ。 天下一統の大業と世の安寧を目指しながら、謀反に斃れた足利将軍・義輝。その夢を継ぐはずだった信長もまた本能寺に斃れた下巻は光秀、秀吉、家康らが信長の覇業を継ぐべく義輝の遺児・海王を天下争奪戦略の隠し玉にするという破天荒なストーリーだ。歴史の流れから言えば、光秀が滅ぶ山崎の合戦が詳細に語られ、織田・秀吉連合軍と家康軍のいわゆる小牧・長久手の戦いとその終戦処理で終わるのだが、宮本昌孝が広げに広げた大風呂敷の中身はあれやこれやのお楽しみがてんこ盛りだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/10 23:34
宮本昌孝 『海王 上』久しぶりの大型娯楽時代小説の傑作だ
宮本昌孝 『海王 上』久しぶりの大型娯楽時代小説の傑作だ このところテレビのドラマは歴史小説、クイズも歴史、バラエティ番組も歴史秘話と「史実」花盛りであるが………。まずは壮絶バトルを堪能しよう。そして改竄された虚構の歴史を大いに楽しむ余裕のある読者ならば、これは最近とんとお目にかかることがなかった大スケール時代小説の掘り出し物だ。 剣豪将軍として名高き足利第十三代将軍・義輝が松永弾正の奸計に斃れてから十余年後………。ひとりの少年が信長の戦勝に沸く堺の街に姿を現した。少年の名は海王。かつて大武装船団を率いて東シナ海を席巻した倭寇の大頭目・五峰王直を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/04 17:20
諸田玲子 『美女いくさ』 信長の妹・お市の方の末娘 小督の波乱の生涯
諸田玲子 『美女いくさ』  信長の妹・お市の方の末娘 小督の波乱の生涯 幼くして三度の落城に遭遇し、三度の婚姻を強いられた女性・小督(おごう)。織田信長の妹・お市の方が浅井長政との間になした末娘、小督の生涯をたどっている。同時に信長・秀吉・家康が天下取りのため必要であった政略結婚の系譜を俯瞰している。これほど徹底していたのかと驚くことになったのだが、婚姻とは政略以外のなにものでもないことを痛感させられた。そして手駒にさせられた女たちが、それでも、それぞれに生き抜こうとする。この多彩な人間模様が読者を魅了する、出色の時代小説である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/12 01:02
葉室麟 『いのちなりけり』 葉隠の恋を描いた大人の純愛時代小説
葉室麟 『いのちなりけり』  葉隠の恋を描いた大人の純愛時代小説 いっとき武士道でもって政治・経営を論ずることがもてはやされた。 全世界の屋台骨が悲鳴を上げているこの事態では、日本的美徳に解決の糸口を求めるような、そんな立論はまったく影も形もなくなった。 この物語は「葉隠」編纂の前史である。 私は「葉隠」については 「武士道とは死ぬことと見つけたり」と 「忍ぶ恋こそ至極の恋」というそれだけしか知らない。 そしてこの異質とも思える二つが見事に融合しているではないか。 「葉隠」でもって現代人にお説教する姿勢などまったくないのがむしろ爽やかであった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/11/02 01:29
池上永一 『テンペスト』 琉球王朝の大奥、豪華絢爛の女の争い!
池上永一 『テンペスト』 琉球王朝の大奥、豪華絢爛の女の争い! 読む前に、私はこの作品が琉球王朝の末期を舞台にした本格的歴史小説だと思っていました。 琉球の歴史を知らないので百科事典で小当たりしたところ、琉球王朝は1372年から1879年までの約500年間続いた独立国家でした。中国、日本、朝鮮、東南アジアの文化を摂取し、琉球古来の文化に立って創造された独自の性格を持つ文化圏です。王宮首里城のある首里には多くの建造物が建てられ,琉球文化の華を開かせました。王朝の経済的基盤は王の経営する国家貿易です。琉球船は自国産の品物に加えて豊富な中国産品を積み、日... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/16 17:24
『のぼうの城』の町 行田市散策
『のぼうの城』の町 行田市散策 和田竜のベストセラー『のぼうの城』を読んだものだから、一度歩いてみたかった。 行田市は「古代ハス」が有名で前に訪ねたことがあったが、忍城というのはまるで知りませんでした。 豊臣秀吉の関東平定に際して石田三成の水攻めに耐えた難攻不落の浮き城。忍藩十万石の城下町として栄えた町です。 それと昭和43年に国宝「金錯銘鉄剣」の出土により、一躍有名になった貴重な古墳群がある歴史の町なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/28 01:14
火坂雅志 『天地人』 2009年NHK大河ドラマの原作。傑作の歴史小説
火坂雅志 『天地人』 2009年NHK大河ドラマの原作。傑作の歴史小説 輝虎(謙信)公の曰く、天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは、和漢両朝上古にだも聞こえず。いわんや、末代なおあるべしをも覚えずなるほどこういう為政者は今日まで出現したためしはない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/15 16:58
和田竜 『忍びの国』 手抜きの歴史小説
和田竜 『忍びの国』 手抜きの歴史小説  『のぼうの城』が大ブレークし、出版社から第二作を急かれたために、ついつい詰の甘い作品になってしまったというところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2008/09/07 23:34
和田竜 『のぼうの城』 埼玉県行田市が仕掛けたか?これぞ町おこしの隠し玉
和田竜 『のぼうの城』 埼玉県行田市が仕掛けたか?これぞ町おこしの隠し玉 埼玉県に住んでいながら、この物語の舞台となった忍城(おしじょう)と城主であった成田一族についてはほとんど知らなかった。戦国時代を描いた数々の歴史小説でもこれを取り上げたものはあまりないのかもしれないと興味津々として読み始めた。それにしても「忍城」といい別名「浮き城」といい、城攻めが難しい秘密の仕掛けを用意した忍者屋敷のようで、いかにも冒険とロマンにあふれている。この作品はまさにその雰囲気そのままに波乱万丈であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 15:55
船戸与一 『満州国演義2 事変の夜』 「本格歴史小説」の名著である。
船戸与一 『満州国演義2 事変の夜』  「本格歴史小説」の名著である。 昭和5年1月、浜口雄幸内閣が金解禁を実施したことにより日本は世界大恐慌の直撃を受ける。農民、都市労働者の窮乏、深刻化する国民生活。4月に締結したロンドン軍縮条約を政友会の犬養毅、鳩山一郎が統帥権干犯として議会で追求。軍部は将来の国家総力戦準備として、満州の鉄、石炭などの資源獲得を緊要とするとともに、最大の仮想敵国であるソ連との戦争に備えるために南満州の確保を必須とした。さらに朝鮮統治の安定、大恐慌下の社会的不安の鎮静や人口問題の解決などのためにも、満蒙問題の解決が必要であると高唱されるように... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/12 17:07
鳥羽亮 『絆 山田浅右衛門 斬日譚』  慈愛の人・浅右衛門の内心を探る。
鳥羽亮 『絆 山田浅右衛門 斬日譚』  慈愛の人・浅右衛門の内心を探る。 山田浅右衛門といえば「首斬り浅右衛門」として、死罪人の斬首役であるとの知識しかなかったが、本職が徳川家御佩刀御試御用役だったとはこの作品ではじめて知ったことだ。 実は先日読んだ、山本兼一『いっしん虎徹』で刀剣の斬れ味を鑑定する「試刀」という職業(一太刀で何体の死体を斬ることができるかを基準にして利鈍を試す)があることに驚いたばかりで、おっつけ読んだ山田浅右衛門の家業がこれであったかと偶然の出会いに思わず膝を打った。 罪人を斬首するためにふるう剣、山田流試刀術………。その奥義は、密かに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 17:09
山本兼一 『いっしん虎徹』 またまた傑作時代小説にぶつかりました。
山本兼一 『いっしん虎徹』 またまた傑作時代小説にぶつかりました。 虎徹といえば新撰組隊長近藤勇の斬殺剣だと講談本の知識はあった。江戸時代を代表する刀工であろう。長曽祢興里(おきさと)、もともと 越前国福井の甲冑鍛冶師であったが、自ら鍛えた当代随一の兜を一刀にして断ち切ることのできる日本刀を鍛えるべく、病床にある妻とともに江戸にでる。入道して古鉄、虎徹と称す。とくに切れ味の鋭いことでは全刀工中第一といわれ、江戸時代の刀剣書に高く評価されている。実際に「三ッ胴截断」「二ッ胴切落」「石灯籠切」などと切れ味を誇る添銘した作が数多く現存しているそうだ。 鉄とともに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2007/08/13 20:03
葉室麟 『銀漢の賦』 漢(おとこ)たちの凛冽の生き様を描いて松本清張賞受賞にふさわしい時代小説の傑作
葉室麟 『銀漢の賦』 漢(おとこ)たちの凛冽の生き様を描いて松本清張賞受賞にふさわしい時代小説の傑作 齢60をこえると、自分の半生を振り返り、ほろ苦い感傷にぼんやりするときがあるものだ。サラリーマンだって自分なりに大仕事だったと思える経験がいくつかあって、結果が本当に全体にとってよかったのかと冷静になれば自信こそないのだが、ただただ古きよき思い出として消化してしまう心境でいいのじゃないだろうか。そして、そういうことを語り合える友がいればなおさら満たされるものだ。 国家財政が困窮し、地方がそれでも自活しようとなれば選択肢は多くない。市町村合併か、米軍基地の移転先、大規模ゴミ処理場の建設、ある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/05 23:32
諸田玲子 『かってまま』 これは宮部みゆきの世界ではないかと………。
売れっ子の女流作家 宮部みゆき『日暮らし』、松井今朝子『吉原手引草』 桐野夏生『メタボラ』に似て非なる傑作の人情噺。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/25 23:52
京極夏彦 『前巷説百物語』 シリーズものってのは三巻までがよろしいようで………
京極先生の作品にはずいぶんとおつきあいしたものですが、憑物落としの京極堂シリーズは『陰麻羅鬼の瑕』をようやく読み終えたところであとはお休み、この巷説百物語もまぁ今回で読み上げといたしましょう。 これが百物語のはじまりでございます 今、明かされる真実 又市、いかに御行となりしか と既刊・巷説百物語シリーズで活躍した小股潜りの又市が御行となるまでその前歴をなぞっている。『巷説百物語』『続巷説百物語』『後巷説百物語』を読んだ読者であるなら勢いで手にしたくなる一冊だろう。しかし………。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/26 22:02
竹田真砂子 『桂昌院 藤原宗子』 寂しさを気づけなかった女の激烈な一生
桂昌院 1627‐1705(寛永4‐宝永2) 3代将軍徳川家光の側、5代将軍綱吉の生母。関白二条光平家司本庄宗利の養女。名は宗子。秋野、お玉の方と称す。家光側室六条有純の女お梅の方の縁で江戸へ下り、家光の寵をうけて綱吉を生む。1680年(延宝8)綱吉が将軍となって後、江戸城三丸に住み、三丸殿と称された。綱吉の厚い孝敬をうけ、1702年(元禄15)従一位に昇り、また弟本庄宗資をはじめその一族中幕臣として栄進する者も多かった。深く仏教に帰依し、僧亮賢、隆光等を信頼し、そこから生類憐みの令を極... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/20 22:30
松井今朝子 『吉原手引草』 歌舞伎観劇の楽しみ方で読みましょう
演技に工夫を凝らして新しい定九郎像を創造した江戸時代初期の歌舞伎役者、中村仲蔵を描いた『仲蔵狂乱』で記憶に残っておりました。その松井今朝子が新作を発表した。歌舞伎の世界に精通した著者が今回は遊郭の世界だ。『吉原手引草』。手にとらないわけにはいかんでしょう。江戸文化はこの吉原を抜きにしては語れない。それほど人々の生活と密着していて、今でも、映画、芝居、噺などを通じて私たちにもお馴染みの世界でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/23 01:38
辻原登 『円朝芝居噺 夫婦幽霊』 名人芸で辻原が語る名人円朝伝
芝居は観るもの、寄席は聞くもの、小説は読むものとこれが世間の相場なら、はて円朝の創り出した作品・芸風ばかりはどうやらこんな一筋縄では収拾がつかないようだと読み終えて思わず感嘆のため息が洩れます。うらを返せばこれほどの円朝活写をものした著者辻原登へのお世辞抜き、賞賛でございます。 古今無双の知的エンターテイメント文学ミステリーとございますが、このジャンルならしばらく前に世の絶賛を博しえました丸谷才一『輝く日の宮』、あれに比肩する上等の文学ミステリーであります。ま、丸谷のはやんごとなきところの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 01:55
熊谷達也 『氷結の森』 名作『邂逅の森』の続編として新たな感動を呼ぶ傑作
主人公、柴田矢一郎。出生は秋田、山々の懐に囲まれたマタギである。昔かたぎのマタギについては前作 『邂逅の森』 に詳しいので『氷結の森』では省略されている。このため『邂逅の森』を振り返ることで、はじめてマタギである矢一郎の心の奥の哀しさを感じとることができる。彼の前にぬかずくべき基準、あの神聖な自然の摂理はすでになくなっていた。物語はそこから始まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 21

2007/03/27 18:11
諸田玲子 『奸婦にあらず』 幕末の激動に身を投じた女の真心とは
読み終えて、古地図を重ねながら現在の地図を眺めてみた。彦根藩主井伊家の上屋敷は桜田濠に面して現在の憲政記念館と国会前庭の洋式庭園を含む広大な屋敷だった。警視庁、警察総合庁舎一帯に豊後杵築藩邸があり、藩邸前を左に折れると外桜田門にいたるのだが、水戸浪士の襲撃はその直前、杵築藩邸前、有楽町線桜田門駅辺りが現場だったようだ。地図を片手に、主人公・たかはここで籠から引き出される井伊直弼の血塗られた体を目撃し、絶叫したのかと思いやる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/12 23:35
辻原登 『花はさくら木』波瀾万丈の伝奇時代小説?
「京・大坂を舞台に、即位前の女性天皇・智子内親王(後桜町)、権謀術数の田沼意次が活躍する」 「時は宝暦十一(1761)年、大君は前年に襲職したばかりの十代将軍家治、天皇(すめらみこと)は百十六代桃園の御代である」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 1

2006/05/08 15:16
宮本昌孝 『風魔』 めったにお目にかかれないバトルシーンの連続だ。
「風魔一族」。忍法小説に時折見かける、らっぱ集団である。実際、小田原北条家につかえ、北条軍団の系列下でゲリラ戦、攪乱戦、諜報戦を得意とする武装集団だったようだ。『北条五代記』には武田勝頼軍をさんざ悩ませた黄瀬川の戦いが紹介されている。そこでは頭領の風魔小太郎について、身の丈七尺二寸、筋骨隆々として、眼は逆さまに裂け、牙四本が剥き出ているというから、さながら魔人と言ったところか。家康が関東を制圧した頃には盗人集団と化し、小太郎は処刑されたという説もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 20:07
荒山徹 『柳生薔薇剣』 アナクロかもしれないがとにかく面白い。
「司馬遼太郎の透徹した歴史観と山田風太郎の奇想天外な構想力、さらに柴田錬三郎の波瀾万丈の物語展開を受け継ぐ時代小説作家がついに誕生した」文芸評論家・菊池仁 とこの賛辞はポイントをついているのだが、「ついに誕生した」とは認識不足じゃないか。 『高麗秘帳』に始まり『魔風海峡』 『魔岩伝説』 『十兵衛両断』と時代小説に新風を吹き込んだエンターテイナー、著者の実力はすでに定着しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/23 16:11
宮部みゆき『孤宿の人』 これぞ宮部ワールドの感動生産装置
これだけ肉厚の歴史的素材を集中させ、いよいよ宮部みゆきが本格時代小説に挑戦したと思わせる長編であったが……… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/06 23:39
池宮彰一郎 『天下騒乱』 せっかくだから正月までに読んでおいたらいかが
毎年の正月2日にテレビ東京で10時間の時代劇ドラマが放映されている。豪華キャストで金もかけているし、筋立てもおおむねはすでに知っているお馴染み系で、はなやかな見せ場がいくつも用意されているから通しで見ていなくとも楽しめる。うつらうつらとほろ酔いながら観るには格好の番組だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/12/12 12:26
文庫本がでました。宮本昌孝『ふたり道三』
時代小説、数ある中で後世に残る大娯楽傑作が誕生した。小説のもつ娯楽性をこれほどまで高めた作品はめったにお目にかかれるものではない。斎藤道三親子が二代をかけて時に敵対し、時に相補しつつ、美濃を掌中にするまでの波乱万丈の天下争奪絵巻である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/29 20:00
本年度松本清張賞受賞作 城野隆『一枚摺屋』
時代劇のドラマや映画ではおなじみですね。号外配りのような、瓦版売り。実際には当時、市中で読み売りされた一枚摺(瓦版)はニュースの媒体というよりも好色ものを中心とした娯楽的色彩の強い絵草紙だったようです。ところが反骨の人・与兵衛が制作する一枚摺は硬派で実際の出来事、「記実」=記事を扱っていたのです。御政道を批判する内容だとお上も煙たかったことでしょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 23:49
文庫本がでました。宮本昌孝『夏雲あがれ』
これはだいぶ前に単行本で発刊されました。「青春時代小説」がうたい文句でした。 題名からすると時代小説のイメージはありません。 ところがどうしてこれがおもしろいのです。 しかも「若く明るい」青春ものです。 「青春もの」なんて言葉は通用するのかな。昔のそれを思い出しながら楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/19 21:03
東郷隆 『最後の幻術』 歴史短編小説の読みどころ
歴史時代小説9編がおさめられた短編集である。初めて読んだ作者であるが出版社が「新人物往来社」だけあって、歴史全般に相当の博識な方と見えた。全体に和漢混淆の記録文体と文献の適度な引用により虚構ないまぜの世界を展開して飽きさせない。実在の人物同士、作者の創造上の人物の組み合わせの妙、そこから生まれる意外性は歴史小説を読む醍醐味でもあり、ミステリー愛好者にも通ずるものがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/08 22:46
「浅田次郎」について『蒼穹の昴』『壬生義士伝』『天切り松闇がたり』
「浅田次郎」について 私も浅田次郎を最初に読んだのが『蒼穹の昴』でした。 清朝末期の複雑で国際的な政治情勢と主人公の印象的な生き方がしっかりと重なり合って、しかも西太后の人物評価に独自の史観で光を当てたところが傑作でした。 これまでの浅田次郎の一番好きな作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/06/07 20:32
04/02/05京極夏彦「巷説百物語シリーズ」その2 『後巷説百物語』
『巷説百物語』『続巷説百物語』と続きましたこのシリーズもこれが最後となりますと後ろ髪ひかれる思いがいたします。御維新の10年と時代が変わりました。小股潜りの又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平といった一癖も二癖もある小悪党が好事家山岡百介を狂言回しとして江戸市中ならず全国をめぐり妖怪変化が引起したとしか考えられない怪事件を鮮やかに解きほぐし、逆に怪異・あやかしの仕掛け罠をこしらえ極悪人を懲らしめるというあの時代から40年の歳月が流れたのでございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/05/27 23:32
04/02/01 京極夏彦「巷説百物語シリーズ」 その1
先般の直木賞をこの『後巷説百物語』が受賞しましたので積読状態にありました『続巷説百物語』とあわせて読んでみました。このシリーズは最初の『巷説百物語』がとても楽しい読み物だったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/27 19:59
宮部みゆき 『日暮らし』 「癒し」を求める読者に応える作品ではあるが………
毎日、毎日を平穏に平凡につつがなく生きていくこと、それ以上のことは望まない人たちがそのご近所にたくさんいる。周囲と調和することで最も安らぎを得られるタイプ。町方役人・平四郎とその女房、平四郎の甥で佐賀町の藍玉問屋河合屋の五男坊・弓之助13歳、世話好きな煮売屋・お徳、植木職人・佐吉夫婦、本所元町に住む岡っ引き・政五郎、その子分で13歳のおでこなどなど。そこではこれらやさしさにあふれた人たちが助け合いながらおまんまを食っている。市井の片隅にこじんまりとした、あったかい人情に包まれた日常がそこにあ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/05/24 00:13
『国盗り物語』・蝮の道三を読まれたら次はもっと娯楽的なこれ
「迷うなぁ・・・。」について 『国盗り物語』は前編、「斉藤道三」が特によかったような気がします。信長・光秀・秀吉のお話は子供のころからのなじみでしたが、道三はこの小説ではじめて魅力的人物だったと知ることができました。 山岡荘八や司馬遼太郎の「歴史小説」がお好きな方の趣味ではないかもしれませんが道三といえば宮本昌孝 『ふたり道三』をおすすめします。全四巻の長編で、歴史小説というよりどちらかというと『影武者徳川家康』系統の時代小説ですが、それだけ読み出したらとまらない面白さです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/15 23:24
03/12/15サラ・ウォーターズ 『半身』 全編妖しい霧がたちこめる技巧的ミステリーの傑作だ
読み終えてもう一度ページをめくり返してポイントになっていたと思われる箇所を読み返さざるを得ない。そんな気持ちになって結局、全ストーリーを読み直す誘惑にかられる。技巧と装飾にちりばめられたミステリーだからである。作者の緻密に企てた作為であることがわかっていながらその巧妙さに乗せられること自体がこの作品の魅力なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/05/15 22:23
私も読んだ嗤う伊右衛門』
「最近読んでいる本、「嗤(わら)う伊右衛門」」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/15 14:08
03/11/24京極夏彦 『嗤う伊右衛門』幽霊のでない四谷怪談の恐怖
この京極流四谷怪談、時代設定はあの四谷怪談でありますが、明日の見えない現代の不安とそこで生きるもののこころの歪みをあな恐ろしく描写しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/05/13 13:05
03/09/06 荒山徹 『十兵衛両断』 めちゃくちゃに面白い伝奇小説が登場した 
「朝鮮は古より文を尊ぶ国柄。剣術の如き野蛮なるもの、絶えて我が国に存在せし例はござらぬ」 よって妖術ノッカラノウムにより柳生十兵衛の肉体と剣技を奪いその指導のもとに朝鮮国内に正統の柳生新陰流を継承する強力な暗殺部隊を養成する。 古来中国の属国であった朝鮮国は中国が明から清朝へ政権が交代することで存亡の帰趨が定まらない。豊臣秀吉の侵略もありこの国家的危機に政権内抗争が激化している。そして日本の武力、政治力を手玉にとって中国と対抗しようとする勢力の大陰謀が徳川体制の裏舞台を一手に担う柳生一族... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/05/03 22:29
「黄金旅風/飯嶋和一」について 主人公末次平左衛門は長崎の民にとって本当に英雄だったのかしら?
「黄金旅風/飯嶋和一」について とても面白い歴史小説でした。悪の竹中重義をやっつけるのは良かったんですが結局その後ますます鎖国政策は厳しくなって、キリシタン弾圧は過酷になっていくんですね。歴史の皮肉でしょうか。いっそ主人公は不自由な日本を飛び出して東南アジアで活躍すれば反逆児らしくすっきりしたことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2005/05/02 13:21
03/06/30 京極夏彦『覘き小平次』 怪談にして怪談にあらず、鏡に映る自分が怖い?
怪談と申しますと文化・文政期の合本、読本、歌舞伎を真っ先に思い浮かべますな。人間界の邪悪な葛藤、その結果がひきおこす殺人、加虐、血みどろな幽霊と凄惨な復讐がおりなす、妖美・淫虐の世界でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/04/25 00:15
03/01/13 これぞ忠臣蔵の決定版
例年、正月の二日は10時間のテレビドラマを楽しみにしている。今年は「忠臣蔵」であった。この誰もが知っている美談をどう解釈しているかがもっぱら興味の対象であったが『仮名手本忠臣蔵』の素材をかなり取り込んで、世話物、人情噺といわば古典的解釈の「義士」を描くドラマで拍子抜けしたが、それでも、最近でははやらない挿話がむしろ懐かしく、年寄りと一緒に見て会話も弾んだものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/04/10 22:48
2002年12月24日新生サラリーマン必須 清濁のこころえ
「すまじきものは宮仕え」と自嘲しながら師走の寒風に身をすくめる方もおられるのでしょうが、そんな逃げ口上のことは百も承知で、自分を貫く道をなんとか見出そうと四苦八苦しているのが多くのサラリーマンというものでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/06 18:48
2002年11月15日 痛快、爽快!!青春時代劇
宮本昌孝 『夏雲あがれ』 痛快!!! これは楽しめる、「きらめく青春」の時代小説の傑作だ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/04/01 23:53
2002年11月16日 青春モノにあるオジサン族の思い出
宮本昌孝  『夏雲あがれ』 「きらめく青春の光、爽快な時代小説」と背の帯装丁にある。「きらめく青春」かぁ、なんと古めかしい言葉なのだろう。今この言葉を使うのは気恥ずかしい思いがする。こんなコピーを使っていまどきそんな本が売れるのかしらと心配になります。 「きらめく」は健康的躍動感の表現だろうが、ところで、今の若者たちにも「きらめく青春」はあるのだろうか。もしかしたら死語になってしまっているのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/01 23:44
隆慶一郎 『影武者・徳川家康』 いろいろな徳川家康のイメージ、理屈抜きにおもしろい家康も
「徳川家康 全26巻を読破」を拝見、「あぁ、当時読んでおくべきだったな」とくやまれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 4 / コメント 1

2005/03/29 21:43
2002年6月3日  第5回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作はどうだったか
『ボーン・コレクター コフィン・ダンサー』から『エンプティー・チェアー』までリンカーン・ライムシリーズを読まれた若い方から「日本のミステリーでこのような面白い小説はないでしょうか」とたずねられ、ハタと困った。「このような面白い」の意味は犯罪のスケールと重要にかかわっている。しかも現実感がともなわなければあれだけの緊張感は生まれない。あまりないのである。若い人は時代小説を好まないが、ジャンルをここまで広げると紹介できるミステリーはいくつも見えてくる。ひとつあげると池宮彰一郎『四十七人の刺客』な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/21 20:01
2002年1月20日滅びの残酷史船戸与一『蝦夷地別件』
船戸与一の作品で何が一番面白いかとたずねられ、「蝦夷地別件」と答えました。1995年に読んだ記録があります。当時は札幌勤務中でしたので職場の仲間たちに必読本としてこれと井上ひさし「四千万歩の男」(伊能忠敬)を北海道開拓の裏舞台を理解する意義を含めとにかく面白いからと薦めていました。昨日読み終えた「緋色の時代」が期待はずれだったことからいまさらですが「蝦夷地別件」は稀有壮大な構想と的確な歴史認識をもって、少数民族の滅亡の地獄図を鬼哭啾啾と描き、かつ2800枚の大長編でありながら読者を退屈させな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/11 21:55
2002年1月12日 藤本ひとみ『ジャンヌ・ダルク暗殺』
年頭にふさわしく、明日への展望を切り開く(?)、元気の出るミステリーに出くわしました。フランス歴史物をいくつも発表している作者ですが、初めて読む作品です。佐藤賢一の重厚さはありませんが充分に楽しめました。ジャンヌ・ダルクが1月6日生まれでもあり、これは正月用の読み物であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/10 16:30
2001年12月25日 浅田次郎『壬生義士伝』
正月2日に12チャンネルが12時間ドラマを放映する。おせち料理をつつきうとうとしながらわかりやすい時代劇を楽しむにもってこいの番組であるが今回は「壬生義士伝」がドラマ化された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/07 23:44
2001年9月14日 逢坂剛『重蔵始末』 
逢坂・重蔵対池波・平蔵 火付盗賊改方の腕比べ 最近発売された「江戸東京古地図散歩」と称するパソコンソフトがあって、現在の地図と重ね合わせながらぐりぐりと地図をドラッグしつつ、どこがどうなっているのかなどと「江戸名所図会」を眺めるよりは、はるかにわかりやすく時代小説の世界を楽しめるという。値が張るからマージャンで勝利したときに買おうと思いながら、これを縦横に駆使して楽しめる小説は「鬼平犯科帳」をおいて他はないと、しかし鬼平を読み出したら、しばらく他のミステリーを読む時間がなくなるし、とためら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/02/26 16:26
リアルタイム 京極夏彦「巷説百物語シリーズ」
宮部みゆきの時代小説が大変なブレイクのようですが同じくミステリー作家京極夏彦の時代小説もすばらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/02/24 17:19
2001年8月3日 いまはやりの「武士道」ではない、吉村昭 「敵討」
構造改革の犠牲者 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/02/24 12:47
2001年6月18日  井上尚登 「T・R・Yトライ」 
歯カ庫版が発売されました 横溝正史賞など読んだことはなかったのですが、これまでの受賞作っておそらく私の好みではなかったのでしょう、しかしこれは楽しく読むことが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/02/19 18:26
リアルタイム 斎藤純『銀輪の覇者』満州侵攻前夜のスポーツマンスピリット賛歌 
トンと競技型スポーツには無縁だったし、いまさらこの手のスポーツ賛歌に感動する歳でもないのだが……… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/19 13:34
2001年2月24日 伴野朗『陰の刺客』 たまには剣戟小説も
伴野朗の作品は「五十万年の死角」すら読むチャンスがないまま、なぜか際立つ作品にお目にかかったことがなかった。今回「陰の刺客」という作品を読んでみたが、結構楽しめました。 「アヘン戦争」を舞台として、捌き方によっては重厚な仕上がりになったと思われるが、しばらく前に日本でもベストセラーになった中国の作家、金庸の武侠格闘風であり、また往時の山田風太郎忍法帖の様式を踏んで、気楽にしかも興味深く読める娯楽作品である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/01/15 18:14
2001年2月18日 浅田次郎『壬生義士伝』 死に様の美学
「戦にて死ぬことこそがあっぱれ武士の誉れじゃなどと、いってえどこの誰がそんたな馬鹿なことを言い始めたのでござんすか。わしはわしなりに、四書五経ば修めてしみじみ思うた。孔子様はそんたなこと、ひとっこともおっしゃられてはおられね。君に忠、親に孝とは申されても、忠孝のために死せよとは申されてね」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/01/15 17:38
リアルタイム 高橋克彦『天を衝く』 「北の鬼」といわれた九戸政実の生涯
熾烈な経済戦争の結果今を生きる「負け組」にとどけ!歴史に埋もれた南部武者の魂の叫びを ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/01/12 15:30
リアルタイム この正月にお勧め 宮本昌孝  『ふたり道三』
この二日、12チャンネル恒例の10時間ドラマは『国盗り物語』だ。司馬遼太郎の初期の作品だが後半の織田信長よりは前半の斉藤道三の美濃乗っ取りが面白い。そして斉藤道三の話ならこの宮本昌孝『ふたり道三』がエンタテイメント性において司馬遼太郎を上回って楽しめる。全4巻のボリュームでしり込みせず、手に取れば読み出したらやめられぬ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 1

2005/01/01 08:16
2000年11月30日 敵討ちの背景 池宮彰一郎「天下騒乱」
「花見の仇討ち」という落語の面白さは敵討という武士階級にのみ許された公認の私闘を庶民が笑い飛ばすところにある。「盲亀の浮木、優曇華の花咲きえたる今日の対面、いざ尋常に勝負、勝負」。落語だけでなく講談でも「高田馬場」の中山安兵衛は大方の庶民にとって身近な英雄として迎えられている。あれは飲兵衛で長屋住まいの素浪人だったからであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/03 20:42
2000年9月30日 年寄りの好みか? 痛快チャンバラ小説!
時代小説のジャンルも大変広いのですが、決闘シーンを見せ場にしたエンタテイメントも好きなんですね。 宮本昌孝の「北斗の銃弾」は鼠小僧、国定忠治などお馴染みの脇役、善悪入り乱れた剣客、忍者が死闘と面白さの一級品でしたが、最近の「陣借り平助」もまた期待に違わず、これもお馴染み、桶狭間の合戦や川中島の戦いをバックに破天荒な快青年が虚構で固めた剣法、兵法を縦横無尽に披露し大活躍、一服のストレス解消剤として効用大でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/12/02 00:09
2000年8月10日 死に様の美学 浅田次郎『壬生義士伝』
?「戦にて死ぬことこそがあっぱれ武士の誉れじゃなどと、いってえどこの誰がそんたな馬鹿なことを言い始めたのでござんすか。わしはわしなりに、四書五経ば修めてしみじみ思うた。孔子様はそんたなこと、ひとっこともおっしゃられてはおられね。君に忠、親に孝とは申されても、忠孝のために死せよとは申されてね。」 「わしが立ち向かったのは、人のふむべき道を不実となす、大いなる不実に対してでござんした。わしらを賊と決めたすべての方々に物申す。勤王も佐幕も、士道も忠君も、そんたなつまらぬことはどうでもよい。石を割... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/11/29 19:26
2000年4月7日 高橋克彦の久々の傑作 歴史小説、「火怨」
推理小説では「写楽殺人事件」SF伝奇で「総門谷」この二つの作品を読んでこの作家の力量を感じていました。 しかし、「総門谷の続編、続々編」にいたっては、うんざり。量産で粗悪製品の多発に陥ったかと心配していましたところ、新ジャンルのまっとうな歴史小説、「火怨」、文句なしに面白かった。八世紀、東北制覇を狙う朝廷の十万の大軍を迎え撃つ一万五千の蝦夷。真田戦記や三国志などかつて戦記物に興奮した記憶がありますが、智將、勇将が繰り広げる戦闘シーンの連続にゾクゾクし、義侠心、「男の心意気」にうっとりします... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2004/11/06 23:37
2000年4月2日 梓澤要 「遊部」
惹句は「本能寺の変、正倉院の呪術集団の闘いを圧倒的な筆力で描く、新しい大器の出現」上巻を読み終えるまで作者が女性であることが気づかないほどの骨太の伝奇小説です。 呪術合戦といった枠はありません。本格的歴史小説、松永弾正の大仏炎上から信長秀吉の全国制覇までお馴染みの時代の物語です。凄惨な大量虐殺を進めながら覇者を目指す魔王信長、絢爛たる安土桃山文化の隆盛をになうスポンサー、堺の豪商達、煩悶する天皇、そして、正倉院の宝物を護ることを宿命とされた「遊部の一族」。登場人物すべてが自分では気がつかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2004/11/06 18:50
2000年2月11日 失って懐かしくなるものは
いやぁ最近の三面記事、週刊誌、テレヴィのニュースショウをみますると ひどい事件が目に余り 歳も程々重ねた者なら 時代遅れのグチもひとこと出ようというモノです。 なにかこう「人の道」というものがどこかにいっちまったと 心底薄ら寒いひどい時代に落ちこんじまいました。 か弱いものには残酷な仕打ち、 しつけとか孝行という当たり前のことももなくなっちまったんでしょうかねぇ。 高倉の健さんや緋牡丹の姐さんの「任侠」、 強きをくじく座頭市のあの「啖呵」、 懐かしくなるのは しかし、ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2004/10/30 22:00
1999年9月27日 横溝正史賞にも読ませる作品がある 井上尚登「T.R.Y」
「T・R・Yトライ」思いがけない面白さ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/20 06:16
1999年8月1日 たまにはチャンバラものもと………
多田容子 「双眼」 柳生十兵衛が幕藩体制確立のため西国の大藩をいじめるお話。隻眼の使い手が活躍するのに「双眼」とは……禁ネタバレ。五味康祐や柴田錬三郎の剣豪小説とは趣がまるで違います。 「71年香川県生まれ。93年京都大学経済部卒。柳生新陰流初伝、居合道三段、また手裏剣も打つ 」いわば本物の女流剣士の作です。十兵衛はスーパーマンではなく、ハードボイルドでもなく、真摯な求道の兵法者として描いています。作者自身きっと柳生新陰流奥義を手にしようと研鑽を積んでいてこの小説の主人公と一体になってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/11 20:21

トップへ | みんなの「時代小説」ブログ

日記風雑読書きなぐり 時代小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる