日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮本昌孝 『風魔』 めったにお目にかかれないバトルシーンの連続だ。

<<   作成日時 : 2006/05/03 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
「風魔一族」。忍法小説に時折見かける、らっぱ集団である。実際、小田原北条家につかえ、北条軍団の系列下でゲリラ戦、攪乱戦、諜報戦を得意とする武装集団だったようだ。『北条五代記』には武田勝頼軍をさんざ悩ませた黄瀬川の戦いが紹介されている。そこでは頭領の風魔小太郎について、身の丈七尺二寸、筋骨隆々として、眼は逆さまに裂け、牙四本が剥き出ているというから、さながら魔人と言ったところか。家康が関東を制圧した頃には盗人集団と化し、小太郎は処刑されたという説もある。

宮本昌孝はこのどこまでが史実か伝承かわからない人物に新しい命を与えた。
身の丈七尺の巨躯、南蛮人と見紛ごう異相、桁外れの迅さと膂力。深山を駆け、幽谷を疾る
小太郎の人物を超人的な戦闘能力を持つ武人であると同時に天衣無縫の自由人、明るくさわやかでまっすぐな好漢として一貫させている。時代は北条氏滅亡から徳川家康が征夷大将軍になるまで、風魔小太郎の半生を描いている。
風魔の小太郎、風神の降臨ともいえるとてつもない破壊力をもった肉体。肉体だけを武器にそれが専守防衛である。友人、愛人、恩人、知人と風魔一族が被る災厄に対してのみ発揮される。

日本人は昔から弱いもの、愛するものを命がけで守ろうという人物に拍手喝采を惜しまないものだ。その人物は他人から受けた恩義を忘れはしない、他人との約束を決して反古にすることはない。そして悪いヤツをたたきのめしてくれる弱いものの味方なのだ。悪いヤツは力があってたいがい金銭欲、色欲、名誉欲、権力欲の塊である。弱いものの屍を累々と築くことになんのためらいもない、一般的にはそんなヤツである。
ご存じ水戸黄門も悪いヤツを叩きのめすのだがあれは「印籠」の力である。「印籠」にひれ伏すお馴染みのパターンが毎週高視聴率を維持しているのは日本的だが、よく考えてみると、あのストーリーでは悪いヤツは誰が見ても文句なしの極悪非道だからたとえ権力をバックにしただけの老人の裁きであっても違和感を持たないのかもしれない。

小太郎の敵は水戸のご老公流儀の線引きはできない。単純な極悪非道ではない。つまりそれなりの理由があって、小太郎の周囲を非道に加害するものたちである。読者はその理由の根源にある時代性に興味を引かれるのだ。
これは著者が三年を費やしたと言われるだけにまさに時代小説の本格派である。緻密な時代考証を下敷きにして、練りに練った組み立てが光る傑作である。
小太郎が守ろうとする人々、それはある時は北条家であり、ある時は足利将軍の血を引く古河公方・氏姫、年老いた風魔の頭領、武田のくの一、そして中央の覇権争いに巻き込まれた関東の諸大名など多数の関わりが小太郎の周囲に発生する。この関わりにからめて、微妙に史実とおもわせる味わい深い叙述が詳細に展開される。戦国時代の群雄について、知るところは武田信玄、織田信長、豊臣秀吉、石田三成、徳川家康らいずれも京都周辺の歴史であった。東国はせいぜい北条一族の命運までであった私は関東全土の主立った武将、国持ちらを俯瞰した史実に、それは京周辺にある覇権争いに巻き込まれた地方政治史なのだが、これほどまでに劇的な離合集散、合従連衡、裏切りと背信、骨肉のお家騒動の数々があったのかと、目を見張る思いだった。丹念に色濃く描かれた関東全土の争闘を背景にした風魔小太郎である。背景にぴたりとはまった超人・小太郎が疾風のごとくここ全域を駆け抜ける。だから守らねばならない人たちがどんどん増えることになる。この虚実融合のなんと巧みなことよ。

名君あり、暗君あり。名将、知将、猛将と誰が敵やら味方やらわからなくなるほど魅力的な脇役が多数登場する。風魔一族乗っ取りをたくらむ裏切り者・湛光風車。武田信玄のくの一忍者部隊、梓衆の頭目・沙羅と抜け忍・笹箒。豊臣秀吉の間諜機関の統帥・曾呂利新左衛門。真田最強の忍者・唐沢玄蕃。海賊・神崎甚内。家康の腹心・伊賀の服部半蔵。秀忠の忠臣・剣客小野次郎右衛門。そして最凶の敵・柳生又右衛門宗矩。
悪辣な奴らが多いが、どこか小太郎の人柄に惹かれ、愛嬌を残しているところで、この物語の組み立てに花をそえている。

宮本昌孝の傑作時代小説には 『ふたり道三』 があった。人には守るべき道がある。しかし下克上の乱世に一国の覇者たりえる絶対の必要条件は、人倫の道を切り捨てる、特に親殺し、子殺しを断行できる「梟雄」の性根。これが全編を一貫するモチーフであった。陰の極致であろう。今回『風魔』では同じ乱世を描いて陽の極致である。

凄いバトルシーンが連続するぞ。特に下巻にいたれば数ある時代小説でも滅多にお目にかかれない壮絶な戦闘に圧倒されます。風魔の小太郎、巨体の割には茫洋とした風情、心根が絵に描いたような善人であるから血みどろの凄惨な死闘であっても余韻には痛快、爽快、清爽の気が満ちること間違いなしである。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮本昌孝 『風魔』 めったにお目にかかれないバトルシーンの連続だ。 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる