日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂東三十三ヶ所観音霊場巡礼 番外(鶴岡八幡 鎌倉宮)

<<   作成日時 : 2008/03/11 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

鶴岡八幡宮

鎌倉を訪ねるのはおそらく何十年ぶりになる。それでなくとも狭い町筋だが車がぎゅうぎゅうと列を成しますます狭く感じる。若宮大路を鶴岡八幡に向かえばおりからの春一番、土ぼこりで目が痛くなった。若宮大路の中央、石を積み上げた参道は「段葛(だんかずら)」、別 名「置石」ともいわれる。政子の安産を祈願して造られた参道で春になれば桜、つつじが満開になり、花のトンネルができのであろうが今日の土ぼこりはそこから舞い上がっている。

静御前ゆかりの舞殿 実朝暗殺現場の大銀杏、61段の大石段を登って本宮へ。
鎌倉八幡宮の祭神は?私は八幡太郎源義家だと勘違いしていたが本宮の受付の方に尋ねたら応神天皇だと教えられた。

鎌倉宮
鶴岡八幡の近くにあり、護良親王(もりなが もりよしとも言う)を祀る鎌倉宮も訪ねた。
護良親王は父後醍醐天皇の討幕運動の中心として活躍した。実際に討幕の功の大半はこの親王の計略によるとまでいわれている。六波羅探題攻撃では、足利尊氏の軍と連合してこれを滅ぼしたが護良親王が征夷大将軍に任ぜられてのち尊氏と不仲になる。尊氏の奸計に陥ってここ鎌倉に流され長期の土牢幽閉で足もなえた親王は志を果たせず怨念を抱いて殺されるという悲劇の英雄である。

坂東三十三ヶ所霊場巡礼ぶらり散策マップ
大きな地図で見る

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。ついにはじまりましたね、坂東三十三ヶ所霊場めぐり。続きを楽しみにしております。
さっと
2008/04/11 21:53
小田原市内にある坂東三十三ヶ所観音霊場第五番飯泉山勝福寺(飯泉観音)は、通勤の時に横切ります。
毎年、年末にだるま市が開かれ大賑わいです。うちのダルマもここから調達しています。また、地元ケーブルテレビでは除夜の鐘をつく様子を放映します。古より、小田原市民の守り神的存在の一つである(箱根板橋のお地蔵さんと双璧です)。近年、南無大師遍照金剛/同行二人の白装束の御一行が絶えることが無い。

五番の飯泉観音にお越しの際には、ぜひ一声かけて下さい。私の作った蒲鉾・名産の干物をお土産に差し上げます。また、アジのお刺身でも食べながら一杯やりましょう!

長男の就職と次男の大学入学までが決まり、一息ついている甲山筆夫より
甲山筆夫
URL
2008/07/01 20:37
甲山さん
お誘い、有難うございます。
実は第五番のほかにも小田原城と石垣山には行くつもりでいます。その節はよろしくお願いします。
よっちゃん
2008/07/04 15:52
実は、お城は大好きです。許されるならば、全国の天守閣を行脚したいです。今、最も行きたいところは、松江城と犬山城です。築城については、一とおり学びました。

小田原城・石垣山は案内できますよ!
甲山筆夫
URL
2008/07/04 19:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
坂東三十三ヶ所観音霊場巡礼 番外(鶴岡八幡 鎌倉宮) 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる