日記風雑読書きなぐり

アクセスカウンタ

zoom RSS 和田竜 『忍びの国』 手抜きの歴史小説

<<   作成日時 : 2008/09/07 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

画像
 『のぼうの城』が大ブレークし、出版社から第二作を急かれたために、ついつい詰の甘い作品になってしまったというところか。

僕が小学生のころは「忍び」とか「忍びの者」はいなかった。「忍術つかい」がいた。僕はこの忍術系が漫画、小説、ラジオ、映画、なんでも大好きだった。巻物を口にくわえ、印を結んで呪文を唱えると、ドロンドロン(なぜかこんな言い回しになっていた)、姿が消えあるいは蝦蟇や蛇に姿を変える。この型を子供心に植えつけた杉浦茂という漫画家はギャグ漫画の天才だったのではなかろうか。赤塚不二夫も真っ青!今でも記憶の片隅にある。まんまる顔の「少年児雷也」とか「真田十勇士」の猿飛佐助や霧隠れ才蔵がかわいらしかった。

そのころは忍術も仙術も幻術も妖術も魔術も区別なくて、これら今で言う超能力者モノはメチャメチャに面白かった。ラジオ番組に新諸国物語という長寿番組があって『笛吹き童子』とか『紅孔雀』など映画になったのを見るのも楽しかった。カバヤというキャラメルがあってその景品のカバヤ文庫、ここで手に入れた講談本にも忍術があった。講談社の少年少女向けの文学全集にあった西遊記里見八犬伝も本がボロボロになるくらい友達同士でまわし読みをした。

高校生のころだろうか、エロティシズムに溢れた時代小説、五味康祐『柳生武芸帳』、柴田錬三郎『赤い影法師』『眠狂四郎』でも忍者が暗躍していたことは忘れられない。そして村山知義の『忍びの者』が「アカハタ日曜版」に連載され始めた。えっ石川五右衛門って忍びの者だったんだ!とこの意外性にうれしくなった。これを山本薩夫が市川雷蔵を主役に映画化し、小説よりも映画が大ヒット。時代背景、職業としての戦闘集団、厳しい掟と人間の誇りなどあらたな感覚が生んだ忍者あるいは忍びの者の登場である。忍術は科学的合理的に解説されるようになった。この延長線上になるのだろうか大学生になると白土三平の『カムイ伝』『忍者武芸帳』に夢中になった。そして忍者・忍びは今の時代劇には欠かせない脇役になっている。
一方別の流れではあるが、山田風太郎が想像を絶するエロス忍法を編み出している。この忍法帖ブームにも僕は取り込まれこのシリーズはすべて読んだ。最近では荒山徹の朝鮮忍法がヒットした。これは孫悟空と忍術使いと忍びと風太郎流が入り混じりSF的発想も加わったゲテモノになりつつある。

『忍びの国』、思い入れのある「忍び」とタイトルにあれば、それだけで手にとってみたくなった。
『のぼうの城』の超大型新人が放つ第一級の歴史エンターテインメント
史実に基づく壮大なドラマ、われらの時代の歴史小説
時代背景は織田信雄、織田信長と伊賀衆の争い「天正伊賀の乱」であり、登場人物に百地三太夫や石川五右衛門が加わるのだから村山知義『忍びの者』と比較して作品の出来不出来を検証してみたくなる。ところが比較するもしないもあまりにも軽口の現代風コミック。テンポよく流れているからなるほど「われらが時代の歴史小説」であるか。
伊賀一の忍び、無門は西国からさらってきた侍大将の娘、お国の尻に敷かれ………
稼いでこなければ同衾もできなければ家にも入れてもらえないという恐妻家で、この夫婦のからみの今日性?をドタバタ関西お笑い風にどぎつく描くのだが、あまりにも陳腐ではないか。
百地三太夫の『忍びの者』で見せた「謀略」はさすが忍者の頭、読者をアッと驚かす意外性となるほどと思わせる合理性があった。
織田家と味方を術にかけ、わが伊賀国を攻めさせよ。謀略、合戦………
とこの作品の百地三太夫もはかりごとをめぐらすのだがただの思いつき程度に過ぎないことが読者に露呈してしまう。
参考文献に書いてある「史実」から多くを引用しているといって それがとってつけたようでは、歴史小説と名のることはおこがましいのではないだろうか。

児玉清が「奇想天外さとリアリティの羽交い絞めに窒息しそう。久々に狂気、大満足」しているようだから、僕の受け止め方が間違っているのかもしれないなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【忍びの国】 和田竜 著
おのれらは人間ではない… ...続きを見る
じゅずじの旦那
2008/09/08 15:00
忍びの国
書評リンク - 忍びの国 ...続きを見る
書評リンク
2008/09/09 11:23
忍びの国(by和田竜)
評価:★★★☆☆ 著者:和田竜 出版社:新潮社 定価:1575円 出版年月:2008年5月 俺たちは、何も信じちゃいない。 『のぼうの城』で大ブ&... ...続きを見る
ねぶかどねざる
2008/10/18 09:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうござます。

そもそも、四囲を織田家に囲まれた状態で織田軍にわざと攻め込ませるって・・・
いくら報酬アップを狙うといっても、あまりに短期的なビジョンですよね。
yoshi
URL
2008/10/18 09:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
和田竜 『忍びの国』 手抜きの歴史小説 日記風雑読書きなぐり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる