吉田修一 『悪人』 人間の本当の値打ちとはなにかを問いかける。

画像
もはや動かしようがない格差の拡大社会と歪められる家族関係を通して人間の本当の値打ちとはなにかを問いかける。

このところ家族の絆をテーマにした話題作を二作読んだけれど、いずれも作者が作り上げた抽象的、技巧的世界に読者をひきつけようとしただけの家族ものだった。『悪人』はそうしたキワモノではない。現代社会の家族のある断面を直視した著者がそこに生きる人たちのやりばのない怒りと寂寥感をリアルに伝えてくれる傑作である。リアルだというのは私の中にいくつもの関連する具体的イメージが浮かぶからである。善とは、悪とはなにか。家族とはなにか。大切にすべきものは。真実を歪めるものはなにか。


「悪人」という表題だが読んでいて浮かんだのが春秋・戦国期の中国のお話だった。
楚の人で正直者の躬というものがいたが、その父親が羊を盗んだときそれを役人に知らせた。楚の宰相は「こやつを死刑にせよ」と命じた。
父親の盗みの動機などは説明されていないただこれだけのお話である。「こやつ」とは躬を指している。この宰相の処断は孔子流儀であって国を滅ぼすものだ、と韓非子は指弾する。そうだろう。法律に照らして「悪人」が父親であるのは明らかである。内部告発が「奨励される」現代ではなおさら躬の行動は正しい。だが、それでいいのか。待てよ、といささか躊躇する心情がどこかにあるものだ。この場合、親と子の立場が逆転していてもかまわない。関係が夫婦であっても恋人同士、友人同士でもかまわない。そこにはお互いに相手を大切に思う心の通い合いがある。仁愛や信義、誠実の道理などはどうでもいいとなってしまった時代にあって、人間にとってそれがなくてはならないものだと思想する楚の宰相が躬の背徳行為を糾弾し「悪人」とする、この価値観を完全否定はできまい。『悪人』と表題したのはこのあたりに含むところがあるからだろう。著者は冷静にあるときは冷酷に、しかしやさしさのこもった眼差しで登場人物の「悪人ぶり」を描き出している。やさしい視線があるからだろう、物語はとても悲しいのだ。

殺人事件の被害者・石橋佳乃、短大卒20歳、博多にアパート住まいする保険外交員。みてくれで男を評価するが、そのみてくれのいい男には相手にされない女で小遣い稼ぎにあっけらかんとセックスをする。父母は久留米の床屋であるが商売はさびれゆく一方にある。被疑者・清水裕一・高卒、いくつかの職を転々とし今は土建作業員、27歳。幼くして母に捨てられ病弱の夫をかかえる祖母に育てられる。車になけなしの金を使うが、ファッションヘルスで女を買ってもまともに相手にされない。それほど人づきあいの下手な男。被疑者・増尾圭吾・大学4年生、実家は旅館経営だから金には困らない、女にも不自由しない。他人の不幸を笑い話にできるチャラチャラ人間でアウディを乗り回す。

詳細に述べられた家族関係から私は最近になって言い出された格差社会が実は親の世代から継承された再生産の産物であることに気づかされた。格差の被害者が加害者を親だと認識すれば家族の絆どころかそこには敵対関係しか見えてこない、ぞっとする世界だ。さらに親は加害者であることに気づかない、むしろいつまでも庇護者のつもりだからますます悲惨なことになる。著者は「格差社会」という言葉は使用していないがまさにその悲劇性の根源と広がりをなまなましく抉り出している。被疑者とともに逃避行を続ける女・馬込光代、高卒29歳。食品工場から転職し紳士服量販店に勤務、双子の妹と佐賀市郊外でアパート暮らし。主要登場人物では光代だけが屈託のないただ「普通」に生きているだけの女性だ。

光代も含めてコミュニケーションの手段は携帯電話の出会い系サイトだけ。自分の話を誰かに聞いてもらいたいと渇望していても聞いてくれる人がいない寂しさ。そして「寂しいということがどういうものなのか分っていない」若者たちである。そんな寂しさを経験したことのなかった私ではあるが、あまりにも寂しいと、いたたまれなくなるようにその寂しさを実感させられた。知らない世界だがそこに入り込んだ気分にさせてくれる、それが名作を読む醍醐味である。
寂しい、だから自分の話を聞いてくれる人・光代に巡りあった彼の喜びは大きかった。………とストーリーは展開していく。最近の「純愛」にはいろいろあるが携帯小説や軽口の「純愛劇画」とはまるで違う。これはいい歳をした大人が読んで目頭を熱くする本物の純愛小説でもある。

大切な人、それはその人の幸せな様子を思うだけで自分までうれしくなってくるような人たい
それが親子であり夫婦であり家族であり、恋人であり友人であって、大切な人を大切にすることのできるかどうかで人間の本物の値打ちがわかるのだと私には思えるのだ。ところが
今の世の中、大切な人がおらん人間が多すぎるったい。大切な人がおらん人間は………失うもんがなかっち、それで自分が強うなった気になっちょる。自分を余裕のある人間っち思い込んで、失ったり、欲しがったり一喜一憂する人間を馬鹿にした目で眺めとる。本当はそれじゃ駄目とよ。
殺害された娘の父親の慟哭である。この一言に込められた著者の存念の深いところに私は身震いを感じた。

地方経済の衰退、老人介護問題、老人相手のインチキ商法、マスコミ報道の無責任なども盛り込んでそれらが散漫にならずテーマにしっかりと組み込まれている。私は著者のデビュー作である『パーク・ライフ』の人物像には存在感を感じなかったものだが、キャッチコピーの
デビュー10年にして到達した著者の最高傑作!!

は掛け値なしにその通りだと思う。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年03月06日 21:29
 このブログを見て「悪人」買ってしまいました。まだ読んでませんが。(^o^;)
 間もなくリタイヤの時期ですが四国の地で単身中の身です。
 完全にリタイヤしたらどんな生活になるか・・・。
 
2008年03月07日 23:31
YAMAさん、始めまして。
コメントありがとうございます。たいへん充実した日常を過ごされているとブログから拝察します。リタイヤ後もまったく問題なしですよ。
四国巡礼は私もいつかやってやろうと思っています。
坂東三十三ヶ所、スタートしました。

この記事へのトラックバック