奥田英朗 『オリンピックの身代金』  昭和39年という時代はそう、こんな時代だったんだと懐かしい

画像
奥田英朗はずいぶん前に『最悪』『邪魔を読んだきりだった。二作とも日常生活におこるクライムノベルだったが、これはクライムノベルとすればはるかにスケールが大きく、面白さも前作を格段にしのいでいる。
昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という(<懐かしいではないか>あの草加次郎を名乗る、)脅迫状が当局に届けられた!しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。(国家の威信が傷つくから)警視庁の刑事たちが極秘に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ………。
年初早々だが、私が今年に読むだろうミステリーのなかで最大級の快作になるだろう。とにかく読んで楽しい。ミステリーとしては異色で上品な面白さがある。

「昭和39年」の東京そして日本そのものの断面を実に緻密に描写している。オリンピック会場、高速道路、新幹線の建設と東京が様変わりになった年だ。わたしは大学3年生で東京に生活していたものだから、この劇的な変貌を体験しているはずなのだが、あまり五輪ゲームに夢中にならなかったせいか、実はこの小説のように一まとめになった記憶はぼんやりしている。物語の進行とともにいたるところで描写される、町の風景、流行の風俗、物価水準、市民の生活習慣、世情の一こま一こまに「あぁそうだ、そんなことがあった頃か」と当時が懐かしく思い出されて、思わずにっこりしてしまう。東京一極の繁栄にあって東北農民の困窮の様子は「あれ、当時もこんなにひどかったのかな。もう少し時代が前なのじゃないか?」とこのあたりの記憶もぼんやりしている。60年安保を経て池田内閣の所得倍増からこの「昭和39年」はたしかに歴史的には、ここからいよいよ日本の「繁栄」が始動する!と宣言の年、エポックメーキングだったんだ。

東北の貧困農家に生まれ、東大大学院でマルクス経済を研究する若者・島崎国男。彼の兄が出稼ぎ労働者としてオリンピック用の建設現場で働くが、日雇い労働条件のあまりの過酷さに死亡する。詳しい原因説明もないまま火葬にされた後の骨壷を見届けた島崎くんは兄と同じ日雇い労働を命がけで体験してみる。そして………。

当時の学生運動に「いまや繁栄監獄!」というキャッチフレーズがあったなぁ。繁栄の光と影である。清水一行の著書に『動脈列島』というのがある。細部はともかく、知り合いが死んだ騒音公害に抗議し新幹線転覆を企てる若者をシリアスに描いていたもので、この実行犯と警察の追いつ追われつ、スリリングな緊張感が全編に張り詰めた忘れがたい傑作の社会派ミステリーだった。『オリンピックの身代金』も島崎くんと警察のマンハントチェイスであり設定こそ似ているが、上等な味わいは異質なところにあった。国家の大事業を襲撃するというハードコアに用意周到な仕掛けをもって著者の遊びごころをあふれさせてみせたのだ。とにかく私たちの年代はノスタルジーとともにまずはのんびりと読み進むことになる。

学生運動とはおよそ縁がなかった島崎くんの周囲の脇役。それぞれがいかにも当時の人物らしくて光っている。同期生で千駄ヶ谷に2000坪の豪邸を持つ旧家の次男坊プレイボーイ・須賀忠くんはテレビ放送会社勤務。そのガールフレンド・ミドリちゃんは向島の下町育ちだが今は赤坂の高級ナイトクラブの新米ホステス。島崎くんに、ほのかに思いを寄せる良子ちゃんは本郷の古本屋の娘。下宿のおばさんだって、警察の捜査があってもすんなりとは家宅捜査を許さないと啖呵を切る、威勢のいいおばちゃんである。同郷の秋田県出身のスリ・村田留吉。そして警察側は刑事・落合昌夫30歳、公団の団地に移転し、あこがれの団地族に仲間入りし、これからはじまる文化生活に心うきうきさせている。

さらに島崎くんは逃亡のプロセスでさまざまな集団と交流する。彼らは一様に、エッ!警察から追われているの?ダイナマイト持っているって?オリンピックを脅迫して身代金?東大生?全学連?北朝鮮のスパイ?どうしてどうしてと島崎くんとコミュニケーションを進めることになる。開会日になんとしてでも完成をと強制されている出稼ぎの日雇い労働者たち、しばらく都心での活動を自粛させられた暴力団、革命の方向性を見出せない反代々木系学生運動のセクト、オリンピックには反対しないが日本人は応援しないと朝鮮総連。とにかく警察や政治の権力とは微妙な関係にある輩である。彼らは彼らなりの大義で島崎くんのこの行動を勝手に解釈し、立派!凄い!たいした度胸だと同調し、またバーター条件を提示するなどエゴも絡んで逃亡に手を貸すのであるが、所詮本気になった権力の前では弱者であり、ぼろを出すことになる。このやりとりがこの作品を出色の出来ばえに仕立てている。まさにユーモア小説の勘どころ、読みどころ。著者の遊びごころ、アイロニーを充分に楽しもうではないか。

読者は読み終えて
「では、島崎くんはどうしてこんな大それた犯行を企てたのだろうか?」
と根本の疑問に行き当たる。
兄貴の弔い合戦?
資本主義体制への抗議?
取り残されたものの怒り?
そういうところもあるだろう。ただそれだけであるなら犯行と平行してマスコミに告発状をたたきつけるべきでしょう。真剣に身代金を強奪するつもりだったのだろうか。それはないでしょうね。どうやら島崎くん自身も分析できないほどモヤモヤとしている。

「私」ってなんなんだろう?と、ただとどまっている。
それが一般的には平成という今の時代の個性なのかもしれない。
「昭和39年」時代の若者には方向性こそないが、とどまってはいられないと、ムンムンと熱気のようなエネルギーがまだ残っていた。
そして「私」を実現させようとして残留エネルギーを島崎くんのように無理に発出すると「風車に立ち向かう蟷螂の斧」となった。

それはそれで、されどわれらが日々だったんだ。

現代版ドンキホーテのもの悲しさが胸の奥にのこった。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年01月25日 09:23
こんにちは♪
あの時代を知っている人にも知らない人にも、あの頃の日本の熱気は伝わってきたと思います。
高度成長の光と闇に肉薄していて思わず引き込まれました。
>現代版ドンキホーテのもの悲しさ
ドンキホーテとは言い得て妙ですね~。
まさに島崎はそれだと思いました。
2009年04月01日 21:24
本を読んでて、北京オリンピックのと重ね合わせていました。
まさに、国家掲揚のためにいろんな犠牲をはらいながら諸外国にアッピールする。そして先進国入りしようとする熱気。
時代の変わり目というのは、そういう熱気が必要なんでしょうね。
良くも悪くも…

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • 「オリンピックの身代金」 奥田英朗

    Excerpt: {/book/}「オリンピックの身代金」 奥田英朗 奥田英朗によるサスペンス大作。520ページ二段組でかなり読みでがありました。 おはなしは・・・昭和39年夏、オリンピック開催に沸き返る東京で警察.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-01-25 09:17
  • オリンピックの身代金

    Excerpt: 書評リンク - オリンピックの身代金 Weblog: 書評リンク racked: 2009-01-25 11:29
  • その先を教えてよ

    Excerpt: 最近、読書がやたら楽しいです。振り返れば、休日は読書ばっかり。 Weblog: 日曜の黄昏は夢を紙くずに変えてゆく racked: 2009-01-26 21:26
  • 【オリンピックの身代金】 奥田英朗 著

    Excerpt: あの頃は、テレビもなければ、冷蔵庫も、洗濯機もなかった…でも、毎日毎日が新しい驚きでいっぱいだった!  第43回吉川英治文学賞おめでとうのポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-04-01 14:12
  • 奥田英朗『オリンピックの身代金』

    Excerpt: オリンピックの身代金奥田 英朗角川グループパブリッシングこのアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『オリンピックの身代金』を紹介します。東京オリンピックが開催されようとするときに、警察を狙った爆破事.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2009-04-26 02:07
  • オリンピックの身代金     奥田英朗

    Excerpt: 平成20年11月30日発行  角川書店  1800円 精神科医伊良部シリーズとは趣を異にした重量感のあるクライムノベルです。 格差�... Weblog: MAGICAL MYSTERY TOUR racked: 2009-05-25 15:27
  • 「オリンピックの身代金」奥田英朗

    Excerpt: 「オリンピックの身代金」奥田英朗(2008)☆☆☆★★[2009052] ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、長編、昭和、東京オリンピック、高度経済成長期 トンデモ医者、ドクター伊良部.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2009-05-28 20:34
  • 奥田英朗「オリンピックの身代金」

    Excerpt: 奥田英朗著 「オリンピックの身代金」を読む。 このフレーズにシビれた。  日本中が待った東京オリンピックが、いよいよ始まった。 [巷の評判] キャッチヘルブルーでは, 「読みごたえ十分。/スケールの.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-03-27 06:46
  • 奥田英朗「最悪」

    Excerpt: 奥田英朗著 「最悪」を読む。 このフレーズにシビれた。  ほら、映画なんかで外人がメイドに何かを頼むシーンがあるじゃない。たばこ買ってきてくれとか、下着洗ってくれだとか。ああいうのって、おれらにはでき.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-05-02 09:57
  • 奥田英朗「邪魔」

    Excerpt: 奥田英朗著 「邪魔」を読む。 このフレーズにシビれた。  堕ちてみるか――。喘ぎに似た、小さな吐息が漏れた。一度汚れてしまえば、汚れを気にしなくて済む。きれいでいたいと思うから、余計な苦しみが増えるの.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-06-08 18:40