トム・ロブ・スミス 『グラーグ57』 前作『チャイルド44』に深みが加わった。

画像
時代はスターリンからフルシチョフへ。ソ連の軍事戦略は大きく転換されようとしている。レオの手にかかり愛するものを奪われた女の冷酷な復讐劇だが権力闘争を背景にしたことで前作よりも深みが加わっている。
社会主義国家には「犯罪」はありえない。あるとすればそれは国家に対する反逆である。
前作『チャイルド44』ではスターリン体制下で恐怖におびえる市民生活が克明に描かれた。市民の生命を左右できる権限を理不尽に行使する警察組織。末端に近い幹部や一警察官がただ気に入らないという感情から、一般市民を政治犯にでっち上げる暴挙非道が横行している。この人狩りの立場にあった捜査官・レオは逆に国家反逆罪と烙印を押され、妻ライーザと共に狩られる立場に追い込まれる。そしてふたりの逃避行、絶体絶命と間一髪の脱出が連続するサスペンスとこれまでの小説には見られなかった超過激なバイオレンスアクションに文字通り手に汗を握った。

本著『グラーグ57』はこの続編であり、引き続きマンハントチェイスの過激さでは前作同様の魅力はあるが、剛直球一本の球筋から多彩な変化球へと味付けを変えているところ、フレッシュアップされている。

国家に対する反逆でない犯罪もありうる。レオは生まれ変わった。今のレオは犯罪の真実を証拠にもとづいて追求するという警察官本来の役割をいきいきとして果たしている。家庭も並み以上の生活水準にある。ところが政権がフルシチョフに変わり、スターリン恐怖政治への糾弾が開始される。旧体制で犠牲になった者たちはここぞとばかりにつのらせた憎悪を報復へと転化し、やがて昔のレオの罪業を暴き、彼と妻ライーザを死地へと追い詰めていく。

復讐を企てるひとりが彼の養女・ゾーヤだ。ゾーヤとエレナ姉妹の両親はかつて捜査対象者であり、レオと同行した部下の手にかかり姉妹の目前で射殺されている。ゾーヤがレオに対し憎悪をつのらせるディテールには鬼気迫るものがあり、レオの心を徹底的に痛めつける。レオの贖罪意識、娘への愛情が哀切極まりない。この物語は家庭の崩壊と再生可能性の物語でもある。

もうひとりの復讐者がアニーシャである。レオの潜入捜査により、元司祭の夫が極北の第57強制労働収容所(グラーグ57)に収監された。アニーシャ自身はフルシチョフ特赦で刑を終え、今はヴォリと呼ばれる巨大犯罪者集団の頭目の一人にのし上がっている。アニーシャのレオへの報復は凄い。これでもかこれでもかと徹底した冷酷さで実行されていく。だが彼女もまた独裁国家の犠牲者である。流血の復讐の矛先はレオからやがて国家体制に向かい、ハンガリー動乱に結びついていく。孤高のテロリスト・アニーシャは実はこの物語の主役である。

『チャイルド44』も『グラーグ57』もバイオレンスシーンがストーリーの山場をなしているが、『チャイルド44』がレオ個人と警察の格闘であったのに対し『グラ-グ57』ではレオのアクションより、バトルの見せ場は強制労働収容所で起こった囚人たちの暴動であり、ハンガリー動乱では市民と政府軍・ソ連軍との市街戦でスケールが一段と大きくなった。迫真の筆致で描きだされた二つの戦闘シーンが見逃せない。

またアニーシャによる復讐劇の背景として、フルシチョフの新路線に抵抗し巻き返しを企てる旧体制の残党をおいたところが物語に深みを加えている。新旧の権力闘争とハンガリー動乱を直結させ、その場で対峙するレオ、ゾーヤ、アニーシャ。三者が織りなす愛憎の絡みあいを鮮やかに浮き彫りさせているのだ。
1956年のハンガリー動乱とは、私はソ連の傀儡であるハンガリー政権に対するブタペスト市民の蜂起であり、ソ連の軍事介入により鎮圧されたものと理解している。この事件によってソ連の東欧支配が軍事力に基づいている事実が世界中に知れ渡った。日本でも社会主義に傾倒していた左翼知識人には大きな衝撃を与えたものだ。

主人公アニーシャの悲劇がクライマックスを迎えるラストシーンが印象的であった。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2010年05月08日 10:34
よっちゃん、おはようございます。
社会的な背景がしっかり捉えられていて、それがフラエラの復讐劇の下地にもなっているので、物語に厚みがありますね。
殺人課で一緒だったネステロフが死んだのは残念ですが、もう一作品あるそうで、最後の一作も楽しですね。
最後はゾーヤがレオに心を開いてくれて良かったです。
2010年05月08日 16:39
みのりさん こんにちは
「チャイルド」のほうがよかったと言う人が多いのですが、きっとあの過激さにびっくりしたからでしょうね。こちらは少し慣れてきたのでその印象より別の要素が深い作品でした。
2013年07月07日 06:04
カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

この記事へのトラックバック

  • 『グラーグ57』 トム・ロブ・スミス

    Excerpt: グラーグ57〈上〉 (新潮文庫) グラーグ57〈下〉 (新潮文庫) Tom Rob Smith 新潮社 2009-08-28 売り上げランキング : 229 Amazonで詳.. Weblog: 固ゆで卵で行こう! racked: 2009-10-22 10:55
  • グラーグ57  トム・ロブ・スミス

    Excerpt: グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)(2009/08/28)トム・ロブ スミス商品詳細を見る  グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)(2009/08/28)トム・ロブ スミス商品詳細を見�... Weblog: MAGICAL MYSTERY TOUR racked: 2010-05-08 10:20